レンタルサーバー料金で比較するWordPressが使える個人向けサーバー

レンタルサーバー比較

レンタルサーバー料金で比較するWordPressが使える個人向けサーバー
レンタルサーバー料金で比較するWordPressが使える個人向けサーバー

「数が多すぎてどれを選んでよいか分からない」レンタルサーバーを選ぶ時に誰も感じるストレスです。

技術が向上し機能的な差がどんどんなくなっているレンタルサーバーを選ぶ際に大きな目安になるのは、サーバーのレンタル料金です。

レンタルサーバーの料金は、初期費用と月額費用で構成されており、初期費用が無料のレンタルサーバーもありますので、レンタルサーバーの料金を正しく比較するには、初期費用と一年分の月額費用の合計する必要があります。

また、初期費用が発生するレンタルサーバーでもキャンペーンにより初期費用が半額や無料になるケースがありますので、申込みのタイミングを計ることでお得にレンタルサーバーを借りられる場合があります。

数多く提供されいてるレンタルサーバーの中からどのレンタルサーバーのどのプランを選べばよいか迷っているあなたのために、WordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバーのプラン別の初期費用と月額利用料金の分布表をまとめました。

レンタルサーバーの機能・スペックも気になりますが、一番の関心事である初期費用と月額料金を含むレンタル料金で絞り込むことで、レンタルサーバーの比較がスムーズに進み、お財布事情にあったレンタルサーバー探しに役立ててください。

掲載するレンタルサーバーの条件

数多く存在するレンタルサーバーをすべて掲載しても迷うだけです。

掲載対象とするレンタルサーバーの基準を設けて、その基準を満たした本当に使えるレンタルサーバーだけを掲載することにします。

個人向けのレンタルサーバー

個人で情報発信やアフィリエイトに使うレンタルサーバーに限定しました。
個人でレンタルサーバーを使う場合は、スペックや機能、品質保証だけではなく価格とのバランスを重視します。

2,000円以内で使えるレンタルサーバー

個人で使うとなると誰もができるだけコストを抑えたいと思います。

個人で支払える月額料金の上限を税別2,000円に設定し、それ以下の価格帯に絞ってレンタルサーバーを比較できるようにしました。

月額料金が上限の2,000円の場合、一年間の総支払額は24,000円となります。
情報発信だけを目的にすると非常に大きな金額ですが、アフィリエイト等で収益を生むホームページ・Webサイトを前提に考えた場合には個人でも十分に支払い可能な金額だと考えます。

WordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバー

個人でレンタルサーバーを探しているほとんどのケースは、WordPress(ワードプレス)を使うことを前提にしていると思いますので、誰でも簡単にホームページ・Webサイトやブログが作れるWordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバーを掲載の条件としました。

WordPress(ワードプレス)の公式なインストール要件を満たさないけど、頑張ればインストールできるというレンタルサーバーは掲載対象外にしています。

有償による保証のあるレンタルサーバー

無償で使えるレンタルサーバーを使いたいという方もいると思いますが、無料のレンタルサーバーは広告の表示が前提だったり、極端にスペックが低かったりと制約が多く、使えないと考えます。

また、Webサイト・ホームページ制作時の疑問や運用時に問題が生じた場合のサポート体制も不安です。

金額の差はありますが、個人の情報発信やアフィリエイトに使え、困ったときのサポートが充実している有償のレンタルサーバーを掲載の対象としています。

料金を掲載するレンタルサーバーサービス名(50音順)

上述した条件を満たす23のレンタルサーバーの料金を掲載することにします。

  1. WebARENA SuiteS(ウェブアリーナ スイートエス)
  2. WebARENA SuiteX(ウェブアリーナ スイートエックス)
  3. XREA(エクスリア)
  4. XSERVER(エックスサーバー)
  5. KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
  6. ColorfulBox(カラフルボックス)
  7. 99YENレンタルサーバー
  8. GIGA(ギガ)
  9. GRANPOWER(グランパワー)
  10. ConoHa WING(コノハ ウイング)
  11. さくらのレンタルサーバー
  12. Sixcore(シックスコア)
  13. JETBOY(ジェットボーイ)
  14. Z.com(ゼットコム)
  15. Z.com for WordPress(ゼットコム フォー ワードプレス)
  16. wpXレンタルサーバー(ダブリューピーエックス)
  17. VALUE-SERVER(バリューサーバー)
  18. Bizホスティング メール&ウェブ エコノミー
  19. FUTOKA(フトカ)
  20. heteml(ヘテムル)
  21. mixhost(ミックスホスト)
  22. LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバー
  23. WADAX(ワダックス)

WordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバープラン別の月額料金比較表(料金の安い順)

レンタルサーバーの利用期間に応じて割引が設定されているプランもありますので、公平にレンタル料金が比較できるように一年(12ヶ月)契約をする前提で月額料金を算出しています。

レンタルサーバープラン別の月額利用料分布表(価格の低い順)
レンタルサーバー プラン名 初期費用
(税別)
月額料金
(税別)
VALUE-SERVER(バリューサーバー) まるっと 無料 133円
VALUE-SERVER(バリューサーバー) エコ 1,000円 167円
99YENレンタルサーバー エコノミーDB 2,000円 184円
XREA(エクスリア) Plus 無料 191円
LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバー ライト 1,500円 250円
99YENレンタルサーバー エコノミーDB+ 2,000円  277円
JETBOY(ジェットボーイ) ミニSSD 1,000円 290円
WebARENA SuiteS(ウェブアリーナ スイートエス) 2,000円 298円
Z.com(ゼットコム) Zero 無料 300円
VALUE-SERVER(バリューサーバー) スタンダード 2,000円 334円
さくらのレンタルサーバー スタンダード“" 953円 396円
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)WordPress専用サーバー グレード1プラン 無料 400円
Z.com for WordPress(ゼットコム フォー ワードプレス) エントリー 1,000円 400円
99YENレンタルサーバー パワーユーザー200 2,000円  462円
LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバー スタンダード 1,500円 500円
GRANPOWER(グランパワー) 共用サーバー ソロ 無料 500円
wpXレンタルサーバー(ダブリューピーエックス)クラウド グレードA 無料 500円
99YENレンタルサーバー パワーユーザー10G 2,000円 555円
ColorfulBox(カラフルボックス) BOX1 無料 580円
JETBOY(ジェットボーイ) ファーストSSD 1,000円 580円
GIGA(ギガ) スーパー 無料 688円
Z.com(ゼットコム) Zeta 無料 720円
FUTOKA(フトカ) SSDミニ 2,500円 780円
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)レンタルサーバー S11プラン 無料 864円
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)WordPress専用サーバー グレード2プラン 無料 900円
heteml(ヘテムル) ベーシック 2,000円 900円
JETBOY(ジェットボーイ) スタンダードSSD 3,500円 980円
mixhost(ミックスホスト) スタンダード 無料 980円
LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバー ハイスピード 3,000円 1,000円
XSERVER(エックスサーバー) X10(スタンダード) 3,000円 1,000円
GRANPOWER(グランパワー) 共用サーバー デュオ 無料 1,000円
wpXレンタルサーバー(ダブリューピーエックス)レンタルサーバー 5,000円 1,000円
wpXレンタルサーバー(ダブリューピーエックス)クラウド グレードB 無料 1,000円
ColorfulBox(カラフルボックス) BOX2 無料 1,060円
Z.com for WordPress(ゼットコム フォー ワードプレス) ベーシック 1,000円 1,060円
WADAX(ワダックス) ブロンズ Type B 3,000円 1,100円
GIGA(ギガ) ウルトラ 無料 1,156円
さくらのレンタルサーバー プレミアム“" 953円 1,191円
ConoHa WING(コノハ ウイング) ベーシック 無料 1,200円
WebARENA SuiteX(ウェブアリーナ スイートエックス) スタンダード 無料 1,361円
Bizホスティング メール&ウェブ エコノミー 無料 1,429円
GRANPOWER(グランパワー) 共用サーバー トリオ 無料 1,500円
Z.com(ゼットコム) Zeus 無料 1,500円
VALUE-SERVER(バリューサーバー) ビジネス 3,000円 1,667円
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)レンタルサーバー S21プラン 無料 1,728円
ColorfulBox(カラフルボックス) BOX3 無料 1,780円
Sixcore(シックスコア) S1 6,000円 1,800円
heteml(ヘテムル) プラス 2,000円 1,800円
WADAX(ワダックス) シルバー Type S 3,000円 1,800円
Z.com for WordPress(ゼットコム フォー ワードプレス) ビジネス 3,000円 1,900円
さくらのレンタルサーバー ビジネス“" 4,762円 1,985円
JETBOY(ジェットボーイ) プレミアムSSD 5,500円 1,980円
FUTOKA(フトカ) SSDスタンダード 2,500円 1,980円
mixhost(ミックスホスト) プレミアム 無料 1,980円
XSERVER(エックスサーバー) X20(プレミアム) 3,000円 2,000円
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)WordPress専用サーバー グレード3プラン 無料 2,000円
LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバー エンタープライズ 3,000円 2,000円

価格は全て税抜表記になります。
2018年11月現在

「レンタルサーバー料金で比較するWordPressが使える個人向けサーバー」まとめ

対象となった26個のレンタルサーバーサービスと61個のプランの中からまずは料金で絞り込み残ったプランから機能・スペックでさらに絞り込むことで満足度の高いレンタルサーバーが見つかると思います。

料金以外にレンタルサーバーを比較するポイントが知りたいという方は、下記の記事を参考にレンタルサーバーを比較してみてください。

「あとは好きに探してね」では無責任なので、いくつか用途を想定してオススメできるレンタルサーバーを紹介します。

とにかく安くWordPress(ワードプレス)を使いたい

できるだけ費用を抑えたいという方にはJETBOY(ジェットボーイ)のミニSSDプランをオススメします。

最安値ではありませんが、初期費用1,000円、月額費用290円、初年度合計で4,480円となり、ならすと一ヶ月374円、一日約12円です。
※現在は、初期費用半額キャンペーンを実施しているため、初年度総額は3,980円となり更に安くレンタルサーバーを借りることができます。

これくらいの出費であれば、お昼ご飯をワンランク落としたり、大盛りをやめたり、缶コーヒーを控えたりすればなんとか出せる金額です。

初めてレンタルサーバーを借りる方であればなおさら最初に大きなコストが掛かることに対してハードルが高くなりますが、JETBOY(ジェットボーイ)のレンタルサーバーは、後からプランの変更が容易にできますので、将来、ディスク容量が足りない、もっとパフォーマンスを上げたいといったスペックへの不満が出た時に、プラン変更が簡単にできるため将来を見越してパフォーマンスに余裕を持たせてレンタルサーバーを借りる必要がありません。

初期投資を押さえつつ将来に対する安心感も兼ね備えてたレンタルサーバーがJETBOY(ジェットボーイ)のミニSSDプランです。

初めてのレンタルサーバー選びでどれを選んでよいか迷っている方には、JETBOY(ジェットボーイ)のミニSSDプランを使うことをオススメします。

JETBOY(ジェットボーイ)公式サイト

他にもよいレンタルサーバーのプランがありますが、JETBOY(ジェットボーイ)ミニSSDプランの価格を基準に考えると高い安いという判断がしやすくなります。

関連記事:月額290円で使えるJETBOY(ジェットボーイ)のミニSSDプラン

安くて信頼度の高いレンタルサーバーが使いたい

JETBOY(ジェットボーイ)のミニSSDプランは確かに安いですが、JETBOY(ジェットボーイ)という聞き慣れないレンタルサーバーに戸惑う方には、LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバーのライトプランをオススメします。

LOLIPOP!(ロリポップ!)、XSERVER(エックスサーバー)、さくらのレンタルサーバーは、古くからレンタルサーバー業界を牽引してきた人気の高いレンタルサーバーですが、コストパフォーマンスを求める方に人気が高いのがLOLIPOP!(ロリポップ!)です。

LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバーのライトプランは、初期費用1,500円、月額費用250円となっており、初年度の支払総額は4,500円となります。

支払総額を12ヶ月でならすと一ヶ月375円、一日約13円となります。

JETBOY(ジェットボーイ)よりも初年度総額で20円高いですが、月額費用が40円ほど安いため2年目以降は、LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバーのライトプランの方が安くなります。

レンタルサーバーの費用が安く、企業的な安心感の高いレンタルサーバーを求めている方には、LOLIPOP!(ロリポップ!)レンタルサーバーのライトプランをオススメします。

LOLIPOP!(ロリポップ!)公式サイト

関連記事:月々たったの250円!ロリポップ!レンタルサーバーのライトプラン

人気ナンバーワンのレンタルサーバーが使いたい

個人で利用するレンタルサーバーのスタンダードといえる価格帯は、月額料金は500円前後になります。

この価格帯には各社がコストパフォーマンスが高いレンタルサーバープランを投入しているため選ぶのが非常に難しいですが、価格、レンタルサーバーの人気、レンタルサーバーの評判、会社の信頼性などの総合力で、さくらのレンタルサーバー スタンダードプランをオススメします。

初期費用を含めた初年度の支払い総額は、5,714円になります。

JETBOY(ジェットボーイ)ミニSSDプランよりも1,200円ほど高くなりますが、ならすと一ヶ月477円、一日約16円で、他のレンタルサーバーが提供する主力プランと比較すると少し出費を抑えることが可能です。

さくらのレンタルサーバーは、古くから提供されているレンタルサーバーの一つですが、業界標準といえるパフォーマンスと人気を兼ね揃えたナンバーワンレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバー スタンダードプランを選んでおけば間違いはないでしょう。

さくらのレンタルサーバー公式サイト“"

関連記事:レンタルサーバーのスタンダード!さくらのレンタルサーバーのスタンダードプラン

次世代レンタルサーバーが使いたい

次世代のレンタルサーバーといえるのが、2018年7月にサービスが開始されたColorfulBox(カラフルボックス)です。

ColorfulBox(カラフルボックス)の公式サイトでは、クラウド型レンタルサーバーの完成形と紹介しており、柔軟なプラン変更、高速Webサーバーや全プランSSD対応、HTTP/2によるWordPress(ワードプレス)の安定した高速速度など、後発のレンタルサーバーのメリットを生かして、先行しているレンタルサーバーのいい所どりにレンタルサーバーになっています。

初期費用が無料のため、ColorfulBox(カラフルボックス)のBOX1プランの初年度支払い総額は6,960円、一ヶ月580円、一日約20円と十分に支払い可能なレンタルサーバーです。

今どきのレンタルサーバーの特徴であるプラン変更自由、WordPress(ワードプレス)の高速表示を希望する方には、ColorfulBox(カラフルボックス)のBOX1プランがオススメです。

ColorfulBox(カラフルボックス)公式サイト

ハイパフォーマンスのレンタルサーバーが使いたい

少し費用が掛かりますが、ハイパフォーマンスなレンタルサーバーが希望となれば、XSERVER(エックスサーバー)のX10(スタンダード)プランがオススメです。

XSERVER(エックスサーバー)、さくらのレンタルサーバー、LOLIPOP!(ロリポップ!)は、古くからレンタルサーバー業界を牽引してきた人気の高いレンタルサーバーですが、特にパフォーマンスを求める方に人気が高いのがXSERVER(エックスサーバー)です。

XSERVER(エックスサーバー)のX10(スタンダード)プランは、初期費用3,000円、月額費用1,000円となっており、初年度の支払総額は15,000円となります。

支払総額を12ヶ月でならすと一ヶ月1,250円、一日約42円となります。

レンタルサーバーの価格帯としては安くはありませんが、この価格帯でも人気が高く、多くの方からハイパフォーマンスなレンタルサーバーと支持されていることが、コストパフォーマンスの高さの証明になっています。

パフォーマンスにこだわるならXSERVER(エックスサーバー)のX10(スタンダード)プランがオススメです。

XSERVER(エックスサーバー)公式サイト

関連記事:安定稼働と充実したサポートのXSERVER(エックスサーバー)X10プラン

アダルトサイトが公開できるレンタルサーバーが使いたい

レンタルサーバーを借りて、アダルトサイト、エロサイトの公開を考えている方には、mixhost(ミックスホスト)がスタンダードプランがオススメです。

一般的にアダルトサイト、エロサイトに使えるレンタルサーバーは費用が高くなる傾向にありますが、mixhost(ミックスホスト)がスタンダードプランなら非エロコンテンツを公開するレンタルサーバー並みの料金でレンタルすることができます。

プラン変更が自由にできるためアクセスが増えたタイミングで上位プランへ移行ができ、WordPress(ワードプレス)の高速化への対策もバッチリです。

コストを抑えて、アダルトサイト、エロサイトを公開するならmixhost(ミックスホスト)がスタンダードプランがオススメです。

mixhost(ミックスホスト)公式サイト“”

関連記事:
アダルトサイトなら一択!mixhostのスタンダードプラン