ロリポップ!(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】

レンタルサーバー

ロリポップ!(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】
ロリポップ!(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、老舗レンタルサーバーのひとつで「すぐに使える、ずっと使える」というキャッチコピーを体現する個人向けのレンタルサーバーです。(企業でも使えるエンタープライズプランが用意されています。)

低価格帯のプランが用意されていますので初めてサイトを作る方にも安心して使えるレンタルサーバーです。

ロリポップ!(LOLIPOP!)を検討している初心者の方が見てもわかるように、検討すべき項目に分けて解説を交えながら説明していきます。

ロリポップ!(LOLIPOP!)との契約を検討している方は、契約前に時間を見つけて読んでみてください。

▼この記事の目次(もくじ)


ロリポップ!(LOLIPOP!)の運用実績

具体的なレンタルサーバーのサービス内容を見る前にレンタルサーバーとしての運用実績を確認してみましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)の運用実績
ロリポップ!(LOLIPOP!)運営開始日2001年11月11日
運用サイト数200万件以上
累積利用者数170万人以上

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、19年のレンタルサーバー運用実績を持つ老舗レンタルサーバーです。

累計利用者数は170万人以上、運用サイト数は200万件以上と国内屈指の数字を誇ります。

ロリポップ!(LOLIPOP!)がどれだけ信頼できるレンタルサーバーなのかはこの数字を見れば一目瞭然ですね。

ロリポップ!(LOLIPOP!)契約時に必要な費用

レンタルサーバーを選ぶ際に誰もが気になる費用についてプラン毎にまとめてみました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)の費用 ※価格はすべて税込
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
初期費用1,650円無料3,000円
月額利用料(12ヶ月契約)110円/月
(年間1,320円)
275円/月
(年間3,300円)
550円/月
(年間6,600円)
825円/月
(年間9,900円)
2,200円/月
(年間26,400円)
月額利用料(1・3ヶ月契約)110円/月
(年間1,320円)
330円/月
(年間3,960円)
660円/月
(年間7,920円)
1,100円/月
(年間13,200円)
2,530円/月
(年間30,360円)
月額利用料(6ヶ月契約)110円/月
(年間1,320円)
275円/月
(年間3,300円)
550円/月
(年間6,600円)
825円/月
(年間9,900円)
2,200円/月
(年間26,400円)
月額利用料(24ヶ月契約)110円/月
(年間1,320円)
275円/月
(年間3,300円)
550円/月
(年間6,600円)
693円/月
(年間8,316円)
2,200円/月
(年間26,400円)
月額利用料(36ヶ月契約)110円/月
(年間1,320円)
275円/月
(年間3,300円)
550円/月
(年間6,600円)
550円/月
(年間6,600円)
2,200円/月
(年間26,400円)
無料お試し期間
10日間

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、エコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプランで1,650円、エンタープライズプランで3,300円の初期費用が発生します。

ハイスピードプランだけは初期費用無料ですので、ロリポップ!(LOLIPOP!)としての力の入れ具合がわかります。

初期費用は一回限りの費用となりますが、他社レンタルサーバーと比較する際には、初期費用も含めて比較をすることをオススメします。

もっとも安価なプランはエコノミープランですが、データベースが使えないためWordPress(ワードプレス)を使うことができません。

WordPress(ワードプレス)でのサイト運用を考えている方は、ライトプラン以上を契約してください。

ライトプラン以上を契約する場合は、初期費用の1,650円と一ヶ月のレンタルサーバー利用料330円、合計1,980円が最低費用となります。

ただし、10日間の無料お試し期間内での解約であれば費用は発生しませんので、契約に迷う場合は、10日間で決めるという前提で使い始めるのもひとつの方法です。

半年以上の長期契約を結ぶことで月額利用料が割引になり、ライトプラン275円/月、スタンダードプラン550円/月、エンタープライズプラン2,200円/月と割安になります。

初期費用同様、ハイスピードプランだけは、6ヶ月と12ヶ月825円/月、24ヶ月693円/月、36ヶ月550円/月と契約期間に応じて段階的に安くなる特別な料金形態になっています。

契約期間の長さで年払いで換算した時の支払い金額にどのくらいの出てくるのか興味がある方は、上の価格表に戻っていただき括弧書きの金額を確認してみてください。

長期契約による解約できないリスクと割引のメリットを考えると、ロリポップ!(LOLIPOP!)をオトクに使う方法は、半年契約になりますので頭の片隅に入れておいてください。

LOLIPOP!(ロリポップ!)に申し込む

ロリポップ!(LOLIPOP!)の基本スペック

ロリポップ!(LOLIPOP!)の基本スペックを表にまとめました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)の基本スペック
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
サーバー共有/専有共有
ディスク種類SSD
ディスク容量20GB100GB150GB320GB1TB
CPU非公開
メモリ非公開
転送量目安50GB/日
(約1.5TB/月)
100GB/日
(約3.0TB/月)
200GB/日
(約6.0TB/月)
600GB/日
(約18.0TB/月)
800GB/日
(約24.0TB/月)
転送量課金なし
PV目安非公開
無料SSL
Let’s Encrypt
データセンターの立地国内データセンター
サーバー監視体制24時間有人監視
サーバー稼働率99.99%
回線バックボーン 

容量と転送量は十分に確保されています。

最近は当たり前になりつつある無料SSLも利用可能となっていますので、レンタルサーバーに必要なものは一通り揃っています。

懸念点をあげるとすれば、使用しているディスクがSSDよりも速度の劣るHDDという点ですが、その他の部分で様々な高速化技術を採用していますので、全体のパフォーマンスとしては問題ありません。

転送量が無制限のエンタープライズプランは大きな特徴です。大規模なサイトを考えている方は、エンタープライズプランがオススメです。

LOLIPOP!(ロリポップ!)に申し込む

ロリポップ!(LOLIPOP!)内でのプラン変更

将来、アクセスが増えた時に最初の契約と異なるプランに変更可能なのか確認しましょう。

プランの変更およびデータの移行作業が不要な場合は、最小プランで契約し、サイトの規模に応じて上位プランに移行することが容易にできるため初期コストを抑えることができます。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)内でのプラン変更
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
プラン変更
上位プランへの変更のみ可能

ロリポップ!(LOLIPOP!)では、上位プランへの変更が可能です。(お試し期間中は下位プランへの変更も可能)
※入金後は、ハイスピードプランからエンタープライズプランへの変更はできませんので注意してください。

プラン変更時のデータ移行はロリポップ!(LOLIPOP!)側で実行されるため利用者によるデータ移行作業は不要になります。

プラン変更時には、サーバーの接続情報等が一部変更されますので注意ください。(大きな問題ではありません)

ロリポップ!(LOLIPOP!)のカスタマーサポート

初心者がレンタルサーバーを選ぶ際に特に重要なのがサポートの充実度です。

メールサポートはほとんどのレンタルサーバーで提供されていますが、電話サポートとチャットサポートは一部のレンタルサーバーのみで提供されています。

すぐに回答が得られる電話とチャットは非常に便利なサポートになりますので、ご自身の知識と予算に合わせて検討しましょう。

どうしても専門用語が多くなりますので、初心者の方は電話サポートがあるレンタルサーバーがオススメです。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のカスタマーサポート
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
電話サポート 
平日 9:00〜19:00
土日 9:00〜13:00 14:00〜19:00
※祝日およびロリポップが定めた日はご利用いただけません。
メールサポート
24時間365日
チャットサポート
平日 10:00〜18:00
※土日祝日およびロリポップが定めた日はご利用いただけません。

メールサポートは、24時間365日受け付けており48時間以内の対応を約束しています。

チャットサポートは平日のみですが、電話サポートは平日に加え土日も対応しているのがロリポップ!(LOLIPOP!)のアドバンテージです。

メールとチャットの場合は、質問する側にも多少の知識が必要となりますが、電話サポートの場合は専門のスタッフとコミュニケーションを取りながら問題解決に進めるため初心者の方は電話サポートが使えるスタンダードプラン以上をオススメします。

LOLIPOP!(ロリポップ!)に申し込む

ロリポップ!(LOLIPOP!)のドメイン機能

一つのドメインでサイトを運用する場合は特に意識する必要はありませんが、複数ドメインでサイトの運用を考えている方は何個のドメインが使えるのか確認しましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のドメイン機能
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
独自ドメイン(マルチドメイン)50100200無制限無制限
サブドメイン数 ※110300500無制限無制限

※1 ドメイン毎に設定できる数を記載しています。

独自ドメイン、サブドメイン共に普通に利用する分には十分な数が確保されているため問題ないでしょう。

ドメイン数が足りなくなる前にディスク容量等の別項目が引っかかるため、ロリポップ!(LOLIPOP!)では独自ドメイン、サブドメイン数を意識する必要はありません。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のサーバー情報

レンタルサーバーの根幹をなす情報になりますが、初心者の方は気にしなくても大丈夫です。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のサーバー情報
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
OSLinux(CentOS)
RAID構成RAID10(ミラーリング+ストライピング)RAID50(パリティ+ストライピング)
回線速度1000Mbps

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、プランに応じてRAID10とRAID50を採用しており障害に強いディスク構成になります。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のウェブサーバー機能

ウェブサーバーの構成がサイトの表示速度に大きく影響するためどのような構成になっているか確認しましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のウェブサーバー機能
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
サーバーソフトウェアApache 2.4.x(アパッチ)LiteSpeed 5.4(ライトスピード)
HTTP/2 

ロリポップ!(LOLIPOP!)では、普及率が高いるApache(アパッチ)と高速表示を可能にするLiteSpeed(ライトスピード)を選択することができます。

SSLに対応したサイトの高速化につながるHTTP/2にもしっかりと対応されています。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のデータベース機能

WordPress(ワードプレス)を使用する場合は、MySQLもしくはMariaDBが必要になります。

MariaDBはMySQLから派生したデータベースで厳密には違いがありますが、同じと考えて問題ありません。

複数のサイトを運用する場合は、データベースの利用数と利用量をしっかりと確認しましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のデータベース機能
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
SQLite(エスキューライト) 
MySQL(マイエスキューエル) 
MariaDB(マリアディービー) 
データベースの利用数 1個50個無制限
データベースの利用量 

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、MySQLを採用しています。

エコノミープランではデーベースが使えないためWordPress(ワードプレス)を使うことができません。

また、ライトプランでは一つのデータベースしか使えないためWordPress(ワードプレス)で構築できるサイトは一つです。

WordPress(ワードプレス)でのサイト構築を考えている方は、スタンダードプラン以上がオススメです。

ロリポップ!(LOLIPOP!)の PHP機能

PHPの最新版は7系になります。

処理速度、セキュリティの観点からPHP7系が使えるレンタルサーバーを選択してください。

ウェブサーバーがApache(アパッチ)もしくは、nginx(エンジンエックス)の場合は、CGIモードもしくは、モジュールモードになります。

ウェブサーバーがLiteSpeed(ライトスピード)の場合は、LSPHP(LiteSpeed PHP)になります。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のPHP機能
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
PHP5系   
PHP7系 
PHP5系/7系 切り替え   
PHP CGIモード  
PHP モジュールモード   
LSPHP(LiteSpeed PHP)  

ロリポップ!(LOLIPOP!)では、CGIモード、モジュールモード、LSPHP(LiteSpeed PHP)が利用できます。

一般的にCGI版よりもモジュール版の方が高速な処理が可能になりますので、ロリポップ!(LOLIPOP!)を契約した際にはモジュール版のPHPを使用してください。

契約月数によっては少し高くなりますが、高速で動作するLSPHP(LiteSpeed PHP)が使えるハイスピードプランがオススメです。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のWordPress機能

サイトの制作にWordPress(ワードプレス)を使用する場合は、必要な機能に不足がないか確認してください。

初心者の方はWordPress(ワードプレス)の簡単インストールに対応しているレンタルサーバーを選んでください。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のWordPress機能
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
WordPress無料引越し代行 
WordPress簡単引越し  
WordPress簡単インストール  

エコノミープランはWordPress(ワードプレス)で使用できないため「WordPress簡単インストール」の対象外となります。

他社レンタルサーバーからWordPress(ワードプレス)移行する場合は、「WordPress簡単引越し」機能を使うことで専門知識不要でWordPress(ワードプレス)の引越しをすることが可能ですが、うまくいかない場合もあるため10日間の無料お試し期間を有効に使ってください。

ライトプランでは、WordPress(ワードプレス)のサイトをひとつしか作れないので、複数作ることが予想される場合は最初からスタンダードプランを契約することをオススメします。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のアダルトサイト運用

アダルトサイトはどのレンタルサーバーでも運用できるわけではありません。

アダルトサイトの運用を考えてる方は、アダルトサイトに対応しているレンタルサーバーが必要になります。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のアダルトサイト運用
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
アダルトサイトの運用 

ロリポップ!(LOLIPOP!)では、アダルトコンテンツは許可されていません。

アダルトサイトに使えるレンタルサーバーは、下記の記事から確認できます。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のセキュリティ機能

サイト運営者にとってセキュリティ機能は大切なものです。

加害者にならないようにセキュリティ機能が充実しているレンタルサーバーを選びましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のセキュリティ機能
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
国内IPアドレスフィルタ 
改ざん検知サービス
無料でWeb改ざん通知を受けることができます。
WAF
SiteGuard Liteの利用が可能
IPS/IDS 

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、無料でWeb改ざん通知が受けられるのは大きな魅力です。

その他のセキュリティ機能は、レンタルサーバーとして標準的なセキュリティ機能が提供されています。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のメール機能

サイトの問い合わせ等にメールアドレスを使う場合はメール機能を確認しましょう。

レンタルサーバーの機能として差別化ができる要素は少ないですが、メールを利用する場合は他のレンタルサーバーと機能の比較をおこないましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のメール機能
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
メールアドレス数 ※120無制限
ウィルスチェック 
ウェブメール 

※1 独自ドメインごとのメールアドレス発行数を記載

ロリポップ!(LOLIPOP!)では、エコノミープラン以外はメールアドレスが無制限に使えます。

その他のメール機能は、レンタルサーバーで標準的な機能が提供されています。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のバックアップ

万が一に事態に役立つバックアップ機能が提供されているレンタルサーバーなのか確認しましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のバックアップ
 エコノミーライトスタンダードハイスピードエンタープライズ
自動バックアップ
有料

無料
手動バックアップ 
バックアップ最大数7回
1バックアップあたりの容量 
ステージング環境(テスト環境) 

ロリポップ!(LOLIPOP!)の自動バックアップは、ハイスピードプランとエンタープライズプランは無料、その他のプランでは月額330円の有料オプションとなります。

ただし、ハイスピードプランは復元は11,000円となるため月額330円の有料オプションに入らないと復元の際に割高になる可能性があります。

有料オプションのバックアップは、間隔を自由に設定することができ、専門知識不要がなくてもバックアップした「過去7回分」データはいつでも取り出すことができます。

バックアップにはロック機能が付いており、残したいバックアップをロックすることで特定のバックアップを残しておくことが可能です。

お金が掛かる自動バックアップは最後の切り札として残しておき、WordPressを使う場合は、プラグインでバックアップを取得することををオススメします。

ロリポップ!(LOLIPOP!)の運営会社

レンタルサーバーの運営会社は、サービスの信頼性を知る上で重要な情報です。

表面的な情報に惑わされずに大切なデータを安心して預けられる運営会社なのか確認しましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)の運営会社
運営会社名GMOペパボ株式会社
本社所在地東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
設立日2003年1月10日
資本金1億5,967万円
株式上場上場(JASDAQ)

運営会社のGMOペパボ株式会社はJASDAQ市場に上場しており、信頼性および、資金面で安心感があります。

ロリポップ!(LOLIPOP!)のオプション

標準で提供されている以外のオプションを確認してみましょう。

バックアップ

月額330円でWebサーバーとデータベースの自動バックアップがおこなえます。

最大7回分のバックアップ取得とデータのダウンロードが簡単な操作で実行できます。 

独自SSL(PRO)オプション

個人で使う場合は無料SSL(Let’s Encrypt)で十分だと思いますが、個人でも無料のSSLでは不安という方、企業でロリポップ!(LOLIPOP!)を使い無料SSLが不安な方は有料の独自SSL証明書を利用することが可能です。

用途に応じて複数のSSLが提供されており、2,200円/年〜利用することが可能です。

ロリポップ!(LOLIPOP!)が選ばれる理由

ロリポップ!(LOLIPOP!)が、17年間に渡り170万人以上に使われ200万件サイト以上に選ばれてきた理由のまとめてみました。

サイトの表示速度が速い

ロリポップ!(LOLIPOP!)では、定期的な最新鋭サーバーの導入とサイトの高速表示を実現するために様々機能が提供されています。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)の高速化技術
WPキャッシュWordPressの表示速度向上と高負荷でもサイトを安定表示させる
最大24倍のパフォーマンス改善が見込まれる
HTTP/2SSL化されたWebサイトの表示速度を大幅に向上させる通信規格
モジュール版PHPCGI版PHPと比較して最大12倍速いモジュール版PHPを使えます

Googleは表示速度を検索順位の一つの指標にしているため、サイトの高速表示はSEO的に大きな武器となります。

また、スマートフォンの普及により利用者から速いサイトが強く求められてため高速なレンタルサーバーを使うことは必須になっています。

同時アクセスに強い

ロリポップ!(LOLIPOP!)には、Webサイトへの同時アクセス数の上限を一時的に緩和する機能が提供されています。

この機能を有効にすると3日間、同時アクセス数の上限が緩和され、ユーザーに対してストレスのない閲覧環境が提供可能です。

カスタマーサポートの充実

ロリポップ!(LOLIPOP!)は200万件以上のサイト運用実績を誇り、メールサポートと電話サポート、さらにチャットサポートを有しています。

メールサポートでは、24時間365日問い合わせを受け付けており、48時間以内の回答を約束しています。

電話でのサポートも受けられるため、すぐに回答が欲しい場合、分からないことが分からない状態でも専門のスタッフによるサポートを受けることで問題解決が可能です。

チャットサポートがあれば電話を掛けるまでもないような問題にもすぐに対応可能です。

ロリポップ!(LOLIPOP!)と契約する際の注意点や欠点

エコノミープランは料金が安いですが、WordPress(ワードプレス)は使えません。

WordPress(ワードプレス)を使う場合は、ライトプラン以上を契約してください。

ロリポップ!(LOLIPOP!)Q&A・よくある質問

ロリポップ!(LOLIPOP!)に寄せられる質問をまとめてみました。

Q.どのプランがオススメですか?

6ヶ月以上の契約を前提に825円/月〜で使えるハイスピードプランがオススメです。

エコノミープラン、ライトプラン、スタンダードプランは、WebサーバーにApacheを採用していますが、ハイスピードプランは、高速表示が可能なWebサーバーLiteSpeedを採用しているため大量アクセスでもサイトの高速表示が可能です。

ハイスピードプランは月額費用が少し高くなりますが、全プランで唯一ハイスピードプランだけが初期費用無料、36ヶ月契約であればスタンダードプランと同額の月額550円まで費用が下がるため長期契約すれば大きな費用負担にはならずに、サイトの成功要素の一つである高速表可能なサイト環境が手に入ります。

企業サイトを制作する場合は、ハイスピードプラン同様、高速表示が可能なWebサーバーLiteSpeedを搭載しいてるエンタープライズプランがオススメです。

Q.サポートからどのくらいで返信がありますか?

電話・チャットはリアルタイム、メールは48時間以内に回答がもらえます

初めてレンタルサーバーを借りる初心者でも使えますか?

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、どちらかというと初心者向けのレンタルサーバーです。

他の個人向けレンタルサーバーと比較してもサポートの充実度とコストパフォーマンスは高さが光ります。

電話サポートとチャットサポートで気になることをすぐに聞けるので安心してご利用ください。

アクセスの集中がされる場合の回避策はないの?

同時アクセス数の上限値を一時的に緩和させる機能が提供されています。

予め同時接続が増えることが分かっている場合、もしくは急なアクセス数の増加にも対応できるレンタルサーバーです。

LOLIPOP!(ロリポップ!)に申し込む

「ロリポップ!(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド」まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

ロリポップ!(LOLIPOP!)は、200万サイト以上で利用されており知名度、運用実績ともに申し分ありません。

この数字はレンタルサーバーを長く運用しているという理由だけでは達成できる数字ではありません。

全プランでSSDを採用し、ディスク容量、転送量、利用可能独自ドメイン、利用可能MySQL(DB)数は、レンタルサーバートップクラス、CPU、メモリといったハードウェアも継続的に強化され、価格も安いとなれば選ばない手はありません。

特に近年新設されたハイスピードプランは、その名の通り表示速度を重視し、高速WebサーバーLiteSpeedを採用することで高速かつ大量のアクセスでも安定稼働するレンタルサーバーが、初期費用無料、長期契約で月額費用550円と破格のコストパフォーマンスです。

記事を読むだけで不安が全て解消されることはないと思いますので少しでも興味を持ったのであれば、無料お試し期間の10日間を最大限に利用し、WordPressの表示速度、管理画面等をご自身で体感してみてください。

きっと満足できると思います。

迷っている時間は無駄です。興味を持った今がスタートするベストなタイミングです。

 

関連記事です。

ロリポップ!(LOLIPOP!)ライトプランの詳細です。