「HTTP/2」対応の速いレンタルサーバー【2020年版】

WordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバー, レンタルサーバー

速い!HTTP2が使えるレンタルサーバー
速い!HTTP2が使えるレンタルサーバー

「表示スピードが重要」である。

ホームページ・Webサイトを運営している人には常識となっている考え方です。

表示速度は、ホームページ・Webサイトの閲覧者にストレスなくコンテンツを提供し、また、検索エンジンも速いホームページ・Webサイトを好み、検索結果の上位表示に影響があるといわれています。

速いホームページ・Webサイトを実現するために様々なテクニックがありますが、サーバーやネットワークが遅くては効果がありません。

最近導入しているレンタルサーバーが増えているHTTP/2という技術は、速いレンタルサーバーを実現してくれるための技術の一つです。

HTTP/2への理解を深め、レンタルサーバーを借りる際の判断材料としてHTTP/2を採用しているレンタルサーバーをチェックします。

HTTP/2とは?

HTTP/2と書いて「エイチティーティーピーツー」と読みます。

HTTP/2とは、Webブラウザからの閲覧要求に対して、レンタルサーバーが用意するWebサーバーが応答し、コンテンツを送信する際のルール・手順(専門用語では「プロトコル」といいます)になります。

HTTPは、バージョンアップを繰り返しながら、現在はHTTP/1.1が主流となっていますが、差最近では、HTTP/1.1の弱点を補った最新のHTTP/2を採用するレンタルサーバーが増えています。

HTTP/1.1からHTTP/2に変わることでどのような恩恵を受けることができるのか確認しましょう。

現在主流のHTTP/1.1の課題

現在一番多く使われているHTTP/1.1は、その前のバージョンであるHTTP/1.0を改良し、クライアント(Webブラウザ)が複数のリクエスト(要求)を同時に送れるようになりました。

ただし、同時に複数のリクエスト(要求)を受け付けた場合でも、リクエスト(要求)順でレスポンス(応答)を返す仕様のため、容量の大きいファイルや重い処理の結果を返す場合には、後続のリクエスト(要求)のレスポンス(応答)は待たさせることになります。

この欠点をカバーするために、Chrome、Firefox、EdgeなどのWebブラウザは、Webサーバーに対して同時に複数の接続を確立し、並行してコンテンツを受け取れる実装をおこなっています。

また、WebサーバーとWebブラウザのやり取りにはHTTPヘッダ(HTTPリクエストヘッダとHTTPレスポンスヘッダ)というものを使いますが、高度化するウェブ技術によりWebサーバーとWebブラウザ間でやり取りするヘッダの量が増大する傾向にあり、結果として送受信するデータ量が増えて、表示速度の低下につながっていました。

課題を解決するために生まれたHTTP/2

HTTP/1.1の課題を解決するために新たに生まれたのがHTTP/2です。

HTTP/2の最大の特徴は、WebサーバーとWebブラウザをつなぐ1つのコネクション(接続)で同時に並行して複数のリクエスト(要求)/レスポンス(応答)を処理できるようになった点です。

コネクションとは、データをやり取りする道路のことで、実社会に置き換えて考えてみると、目的地に向けて細い道路が複数あるHTTP/1.1に対して、太い道路が複数あるHTTP/2、どちらが速く目的地に到達するかは明らかです。

HTTP/2では一本の道路で効率よくデータの送受信ができることに加え、優先度をつけたり、Webサーバー側からリクエストされていなくてもデータを送信できるなどの新機能も加わり、サイトの速度向上に効果を発揮してくれるでしょう。

HTTP/2のレンタルサーバーが増えている背景

HTTP/2に対応するためには、WebサーバーとChrome、Firefox、EdgeなどのWebブラウザの両方が対応する必要がありますが、2015年2月に正式なHTTPの新規格として「HTTP/2」が承認されて約5年が経過し、Webブラウザのサポートが進んだことがHTTP/2を採用するレンタルサーバーが増えている理由になります。

これからレンタルサーバーを比較する人にとっては、何もしなくてもホームページ・Webサイトの表示が速くなるHTTP/2は重要な比較項目となりました。

HTTP/2導入済みのレンタルサーバー

レンタルサーバーを比較する際、ホームページ・Webサイトの表示速度が速くというのは大きな判断材料となります。

主要なレンタルサーバーを調べた結果、17社がHTTP/2を導入していました。

各レンタルサーバーのHTTP/2対応状況は下記の表にまとめました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

HTTP/2に対応しているレンタルサーバー ※2020年8月現
レンタルサーバー名 HTTP/2対応 レンタルサーバー解説記事
JETBOY
(ジェットボーイ)
ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
mixhost
(ミックスホスト)
“”
ミックスホスト(mixhost)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
ColorfulBox
(カラフルボックス)
カラフルボックス(ColorfulBox)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
ConoHa WING
(コノハ ウイング)
国内最速!コノハ ウィング(ConoHa WING)レンタルサーバー完全ガイド【2020年版】
さくらのレンタルサーバー“" さくらのレンタルサーバ 完全ガイド【2020年版】
LOLIPOP!
(ロリポップ!)
ロリポップ!
(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
XSERVER
(エックスサーバー)
エックスサーバー(XSERVER)レンタルサーバーの完全ガイド【2020年版】
wpX Speed
(ダブリュピーエックス スピード)
“”
wpX Speed (ダブリュピーエックス スピード)レンタルサーバー完全ガイド【2020年版】
XSERVER BUSINESS(エックスサーバービジネス) エックスサーバー ビジネス(XSERVER BUSINESS)レンタルサーバーの完全ガイド【2020年版】
WebARENA SuiteX
(ウェブアリーナ スィートエックス)
× ウェブアリーナ スイートエックス(WebARENA SuiteX)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
WebARENA SuiteS
(ウェブアリーナ エス)
× ウェブアリーナ スイートエス(WebARENA SuiteS)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
リトルサーバー
(Little Server)
× リトルサーバー(Little Sever) 完全ガイド【2020年版】
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
WordPress専用サーバー
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
共有サーバー
WADAX
(ワダックス)
CPIレンタルサーバー
Z.com WP
(ゼットコム ダブリュピー)
“"
× WordPress専用レンタルサーバーZ.com WP (ゼットコム ダブリュピー)完全ガイド【2020年版】
Z.com
(ゼットコム)
“"
× SSD搭載の低価格レンタルサーバーZ.com(ゼットコム)完全ガイド【2020年版】
heteml
(ヘテムル)
VALUE-SERVER
(バリューサーバー)
×
FUTOKA(フトカ) ×
StarServer
(スターサーバー)
iCLUSTA+
(アイクラスタプラス)
CORESERVER
(コアサーバー)
お名前.comレンタルサーバー × ドメイン永久無料!お名前.comレンタルサーバー完全ガイド【2020年版】
ラクサバ × 月額90円のレンタルサーバー!ラクサバ完全ガイド【2020年版】

「HTTP/2」対応の速いレンタルサーバー【2020年版】まとめ

ホームページ・Webサイトの表示速度の高速化が求められる中で、HTTP/2導入の有無がレンタルサーバーを比較する上で重要な要素となることが理解いただけたと思います。

様々なテクニックを駆使して速いホームページ・Webサイトを作っていかなければいけませんが、サーバーが遅ければその努力も報われません。

HTTP/2を導入している17つのレンタルサーバーは、HTTP/2だけではなく、新しい技術やホームページ・Webサイトの高速化に力を入れている傾向が見受けられるため、HTTP/2が導入されているレンタルサーバーに絞って比較すると最新技術の恩恵を受けれる可能性が高くなりそうです。

費用を極力抑えつつHTTP/2を使いたい人は、月額290円(年間契約時)JETBOY(ジェットボーイ)、もう少し出せる人は、レンタルサーバーを検討する際に必ず選択肢となる老舗のさくらのレンタルサーバー月額429円(年間契約時)“"、もしくは、レンタルサーバーとして人気が高いXSERVER(エックスサーバー)のWordPress(ワードプレス)特化版であるwpX Speed(ダブリュピーエックス スピード)“"をオススメします。