ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】

レンタルサーバー

ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド【2020版】
ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド【2020版】

「ジェットボーイ(JETBOY)に興味があるけど知名度が高くなさそうで不安」
「月額290円から借りられるレンタルサーバーが本当に使えるものなのか知りたい」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

ジェットボーイ(JETBOY)は、レンタルサーバーの手軽さとクラウドの拡張性を融合させた新しいタイプの個人向けレンタルサーバーです。

ジェットボーイ(JETBOY)を検討している初心者の方が見てもわかるように、検討すべき項目に分けて解説を交えながら説明していきます。

ジェットボーイ(JETBOY)との契約を検討している方は、契約前に時間を見つけて読んでみてください。

JETBOY(ジェットボーイ)に申込む

ジェットボーイ(JETBOY)の運用実績

具体的なレンタルサーバーのサービス内容を見る前にレンタルサーバーとしての運用実績を確認してみましょう。

ジェットボーイ(JETBOY)の運用実績
ジェットボーイ(JETBOY)の運営開始日 2015年12月
累積利用者数 非公開
運用サイト数 非公開

ジェットボーイ(JETBOY)は、比較的新しいレンタルサーバーです。

非公開なので推測ですが、運用実績という点では古くからサービスを提供しているレンタルサーバーに劣りますが、サイトの規模に合わせて柔軟にプランを変更できるクラウドタイプのレンタルサーバーだけの運用実績で考えるとはトップクラスのサービスになります。

ジェットボーイ(JETBOY)の契約時に必要な費用

レンタルサーバーを選ぶ際に誰もが気になる費用についてプラン毎にまとめてみました。

ジェットボーイ(JETBOY)の費用 ※価格はすべて税別
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
初期費用 500円 750円 1,750円 2,750円 3,600円 3,600円
月額利用料(12ヶ月契約) 290円/月
(年間3,480円)
580円/月
(年間6,960円)
980円/月
(年間11,760円)
1,980円/月
(年間23,760円)
4,980円/月
(年間59,760円)
7,580円/月
(年間90,960円)
月額利用料(1ヶ月契約) 380円/月
(年間4,560円)
690円/月
(年間8,280円)
1,280円/月
(年間15,360円)
2,380円/月
(年間28,560円)
5,780円/月
(年間69,360円)
9,180円/月
(年間110,160円)
無料お試し期間
2週間(14日間)
商用利用
アフィリエイト利用
再販

初期費用は現在キャンペーン中のため50%オフになっています。※本来の価格は表示価格の二倍です。
初期費用は初年度の支払総額に大きく影響するためジェットボーイ(JETBOY)を検討している場合は、このキャンペーンを有効に活用しましょう。

月額利用料は、一年契約を結ぶことで割安になります。

一ヶ月払いと年間一括払とで年間の支払い総額にどのくらいの差が出るか知りたい方は、上の価格表に戻っていただき金額を確認してください。括弧書きの金額が年間の利用額になります。

Webサイトは長期で運用ことが前提になると思いますので、ジェットボーイ(JETBOY)を契約する際は月額料金が割安になる一年契約をオススメします。

最安値のミニSSDプランは月額290円と低価格ですが、想定が5万PVと初心者には十分なスペックです。 
関連記事:月額290円で使えるJETBOY(ジェットボーイ)のミニSSDプラン

ジェットボーイ(JETBOY)には、14日間の無料お試し期間が設けられています。
その間に解約すれば費用は掛かりませんので、安心して使いはじめてください。

ジェットボーイ(JETBOY) 基本スペック

レンタルサーバーを選ぶ際に重要視される価格を中心にプラン毎の基本的スペックを確認してみましょう。

ジェットボーイ(JETBOY) 基本スペック ※価格はすべて税別
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
サーバー共有/専有 専有
他のお客様の影響を受けない準仮想化
ディスク種類 SSD
ディスク容量 5GB 20GB 40GB 80GB 120GB 150GB
CPU 1コア 2コア 3コア 5コア 8コア 12コア
メモリ 512MB 1GB 2GB 4GB 8GB 16GB
転送量目安 無制限
PV目安 5万PV/月 50万PV/月 100万PV/月 200万PV/月 350万PV/月 500万PV/月
無料SSL
Let’s Encrypt
データセンターの立地 大手国内データセンター
サーバー監視体制
サーバー稼働率
回線バックボーン
プラン変更

JETBOY(ジェットボーイ)に申込む

ジェットボーイ(JETBOY) サポート

レンタルサーバーを選ぶ際に、サポートの充実度は重要な基準です。

サポートが手厚いレンタルサーバーは利用料が高い傾向にありますので、ご自身の知識と予算に合わせてサポートを選択しましょう。

メールサポートはほとんどのレンタルサーバーで提供されていますが、電話サポートとチャットサポートは一部のレンタルサーバーのみで提供されています。

ジェットボーイ(JETBOY) サポート
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
電話サポート
メールサポート
チャットサポート

JETBOY(ジェットボーイ)に申込む

ジェットボーイ(JETBOY) ドメイン機能

複数のドメインでの運用を考えている方にとってはレンタルサーバー選びの大切なポイントとなります。

ジェットボーイ(JETBOY) ドメイン機能
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
独自ドメイン(マルチドメイン) 10個 無制限
サブドメイン数 20個 無制限

ジェットボーイ(JETBOY) サーバー情報

レンタルサーバーの根幹をなす情報になりますので、他のレンタルサーバーとしっかり比較しましょう。

初心者は無視して大丈夫です。

ジェットボーイ(JETBOY) サーバー情報
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
OS Cloudlinux6準仮想化
RAID構成 RAID5
回線速度

ジェットボーイ(JETBOY) ウェブサーバー情報

ウェブサーバーの構成がサイトの速度に大きく影響するためどのような構成になっているかチェックしましょう。

初心者の方は無視して大丈夫です。

ジェットボーイ(JETBOY) ウェブサーバー情報
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
サーバーソフトウェア LiteSpeed(ライトスピード)エンタープライズ
HTTP/2

ジェットボーイ(JETBOY) データベース機能

複数のサイトを運用する場合はデータベースの利用数と利用量をしっかりと確認しましょう。

ジェットボーイ(JETBOY) データベース機能
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
SQLite
MySQL
MariaDB
データベースの利用数 3個 20個 40個 70個 100個 150個
データベースの利用量

ジェットボーイ(JETBOY) PHP機能

PHPの最新版は7系のなります。セキュリティの観点から7系が使えるレンタルサーバーを選びましょう。

ジェットボーイ(JETBOY) PHP機能
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
PHP5系
PHP7系
PHP5系/7系 切り替え
PHP CGIモード
PHP モジュールモード
LSPHP(LiteSpeed PHP)

ジェットボーイ(JETBOY) WordPress機能

サイトの制作にWordPress(ワードプレス)を使用する場合は、必要な機能に不足がないか確認してください。

初心者の方がWordPress(ワードプレス)を使う場合は、簡単インストールに対応しているレンタルサーバーを選んでください。

ジェットボーイ(JETBOY) WordPress機能
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
簡単インストール
WordPress無料引越し代行

ファーストSSDプランには、ワードプレス(WordPress)の無料引越し代行が使えます。
関連記事:レンタルサーバー月額580円以上に支払っている人はJETBOY(ジェットボーイ)に乗り換えるべき!

現在使っているレンタルサーバーに不満があるけど、ワードプレス(WordPress)の引越しが面倒という方はジェットボーイ(JETBOY)への移行を検討してください。

ワードプレス(WordPress)の引越しを他のレンタルサーバーで実施する場合は、10,000円〜は必要なのでジェットボーイ(JETBOY)はかなりお得です。

ジェットボーイ(JETBOY)のアダルトサイト運用

アダルトサイトはどのレンタルサーバーでも運用できるわけではありません。

アダルトサイトの運用を考えてる方は、アダルトサイトに対応しているレンタルサーバーが必要になります。

ジェットボーイ(JETBOY)のアダルトサイト運用
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
アダルトサイトの運用

ジェットボーイ(JETBOY)のセキュリティ機能

運営側およびサイトの閲覧者にとってもセキュリティは大切です。

加害者にならないようにセキュリティ機能が充実しているレンタルサーバーを選びましょう。

ジェットボーイ(JETBOY)のセキュリティ機能
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
国内IPアドレスフィルタ
改ざん検知サービス
WAF
IPS/IDS

ジェットボーイ(JETBOY)のメール機能

サイトの問い合わせ等にメールアドレスは必須です。

あまりレンタルサーバーの差別化ができる項目ではありませんが、しっかりと他のレンタルサーバーと比較をしましょう。

ジェットボーイ(JETBOY)のメール機能
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
メールアドレス数 無制限
ウィルスチェック
ウェブメール

ジェットボーイ(JETBOY)のバックアップ

万が一に事態に備えてバックアップがレンタルサーバー機能がレンタルサーバーに備わっていると嬉しいですね。

ジェットボーイ(JETBOY)のバックアップ
  ミニSSD ファーストSSD スタンダードSSD プレミアムSSD ビジネスSSD ビジネスプロSSD
自動バックアップ
手動バックアップ
バックアップ最大数
1バックアップあたりの容量
ステージング環境(テスト環境)

ジェットボーイ(JETBOY)の運営会社

レンタルサーバーの運営会社は、サービスの信頼性を図る上で重要な情報です。

表面的な情報に惑わされずにお任せできる運営会社を探しましょう。

ジェットボーイ(JETBOY)の運営会社
運営会社名 株式会社ライムテック/Limetech Inc.
運営開始日

JETBOY(ジェットボーイ)に申込む

ジェットボーイ(JETBOY)が選ばれる理由

ジェットボーイ(JETBOY)のレンタルサーバーが選ばれる3つポイントを紹介します。

サイトの表示速度が速い

ジェットボーイ(JETBOY)は、高速なSSDとWebサーバーにLiteSpeedエンタープライズを採用し、高速レスポンスを実現しています。

SEO的にも利用者にもサイトの表示速度が求められていますが、ベンチマークではApacheの3倍以上の応答速度をマークしています。

プラン変更が自由自在

サイトの規模が大きくなってもサーバーを変更する必要がありません。

データ移行なしにプランを変更できるため必要なタイミングでCPU、メモリなどのアップグレードできます。

WordPressの引越し無料

既に他のレンタルサーバーを借りている人には嬉しい、WordPressの引越しが無料です。

専門知識が必要なWordPressの引越しがネックになってレンタルサーバーを変更できない人にとっては非常にありがたいサービスです。

JETBOY(ジェットボーイ)に申込む

「ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド」まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

JETBOY(ジェットボーイ)のすべてをご覧いただけたかと思います。

あとは契約してサイトを作りはじめるだけです。

不安が完全になくなったわけでは無いと思いますが、無料お試し期間の14日以内に解約すれば費用は発生しません。

新しい技術がレンタルサーバーを高機能化させて、どんどん便利になっています。

JETBOY(ジェットボーイ)は新しい形のレンタルサーバーとして低価格で始められるコストパフォーマンスが高いレンタルサーバーです。