高速化した「さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン」の実力

初心者向けレンタルサーバー, レンタルサーバー

Webサイトを速くする、新生さくらのレンタルサーバ
Webサイトを速くする、新生さくらのレンタルサーバ

レンタルサーバー最大手「さくらのレンタルサーバ」で一番人気の「スタンダード」プランの機能強化が進んでいます。

2018年3月7日のHTTP/2の対応に続き、2018年4月18日にPHPモジュールモードをPHPのモジュール版が使えるようになり、高速なレンタルサーバーを探している人にとって有効な選択肢になる可能性があります。

上位プランのビジネスとビジネスプロでしか使えなかったPHPモジュールモードが、手頃の料金で個人利用が中心のスタンダードでも使えるようになったのは大変嬉しいですが、さくらのレンタルサーバー公式サイトに書かれている最大16倍の高速化が実際のサイトでどのような数字として表れていくるのか検証しました。

実際に、これまでのCGIモードと比較してWordPressサイトのパフォーマンステストを行い、最大16倍※1速い処理結果となりました。

※1
スタンダードでCGIモード(PHP5.6)とPHPモジュールモード(PHP7.1)を比較。
WordPress4.9.5を使用し、同一の負荷をかけた状態でWordPressページのソース表示リクエストの処理時間を計測しました。結果、CGIモード8.2秒、PHPモジュールモード0.5秒の処理時間となりました。

表示速度の比較方法

表示速度の比較には、このサイト(失敗しないレンタルサーバーの選び方)のトップーページを使います。

元々このサイトは、さくらのレンタルサーバー スタンダードプランを借りて公開していますが、もうひとつ別のスタンダードプランを借りて、表示速度を計測します。

検証には、Gtmetrix(ジーティーメトリクス)とGoogleのTest my site(テスト マイ サイト)を使い、サイトの表示速度を複数回測り、その結果を比較してみました。

PHPのバージョンの違いによる速度変化を比較する「PHP7.1 CGI版 対 PHP5.6 CGI版」と同じPHP7.1でCGI版とモジュール版の違いによる表示速度の比較する「PHP7.1 モジュール版 対 PHP7.1 モジュール版」の二種類でおこなっています。

PHP7.1 CGI版 対 PHP5.6 CGI版 

PHPのバージョンの違いにより表示速度にどのくらいの差がでるのか検証しました。

Gtmetrix(ジーティーメトリクス)で表示速度を比較

「Gtmetrix(ジーティーメトリクス)」を使い、PHP7.1 CGI版とPHP5.6 CGI版のFully Loaded Time(読込時間)を計測してみました。

「Gtmetrix(ジーティーメトリクス)」の接続元は、カナダ バンクーバーです。

Gtmetrix(ジーティーメトリクス)による表示速度の測定結果
テスト日時(日本時間) PHP5.6(CGI版) PHP7.1(CGI版)
2018年4月21日(土) 13時台 3.0秒 2.3秒
2018年4月21日(土) 13時台 3.1秒 1.9秒
2018年4月22日(日) 13時台 4.7秒 2.2秒
2018年4月22日(日) 13時台 3.1秒 1.9秒
2018年4月22日(日) 14時台 3.6秒 2.4秒
2018年4月23日(月) 6時台 3.3秒 1.6秒
2018年4月23日(月) 22時台 3.9秒 1.8秒
2018年4月24日(火) 4時台 2.9秒 2.0秒

PHP7.1の方が0.7秒〜2.5秒早いという結果が出ました。
PHP7が公開された際に、PHPの開発コミュニティから大幅に高速化されているとコメントがありましたが、WordPress(ワードプレス)の実装に於いても速さが証明されました。

Google Test my site(テスト マイ サイト)で表示速度を比較

「Google Test mys site(テスト マイ サイト)」を使い、PHP7.1 CGI版とPHP5.6 CGI版の表示速度を比較してみました。

Google Test my site(テスト マイ サイト)による表示速度の測定結果
テスト日時(日本時間) PHP5.6(CGI版) PHP7.1(CGI版)
2018年4月21日(土) 13時台 5秒 4秒
2018年4月22日(日) 13時台 5秒 5秒
2018年4月22日(日) 14時台 5秒  4秒 
2018年4月23日(月) 6時台 5秒 4秒
2018年4月23日(月) 22時台 5秒 4秒
2018年4月24日(火) 4時台 4秒 4秒

大きな差はないもののPHP7.1の方が早いという結果が出ました。

PHP7.1 モジュール版 対 PHP7.1 モジュール版

PHPのバージョン違いの検証に続き、同じPHP7.1を使い、今回新しく使えるようになったモジュール版と従来から使えるCGI版で表示速度にどのくらいの差がでるのか検証しました。

Gtmetrix(ジーティーメトリクス)で表示速度を比較

「Gtmetrix(ジーティーメトリクス)」を使い、PHP7.1のCGI版とPHP7.1のモジュール版のFully Loaded Time(読込時間)を計測してみました。

「Gtmetrix(ジーティーメトリクス)」の接続元は、カナダ バンクーバーです。

Gtmetrix(ジーティーメトリクス)による表示速度の測定結果
テスト日時(日本時間) PHP7.1(モジュールI版) PHP7.1(CGI版)
2018年4月22日(日) 16時台 3.1秒 1.9秒
2018年4月23日(月) 6時台 2.8秒 2.1秒
2018年4月23日(月) 22時台 2.8秒 1.7秒
2018年4月24日(火) 4時台 2.6秒 1.8秒

モジュール版の方が早いと予想していましたが、結果としては、0.7秒〜1.2秒CGI版の方が早いという結果が出ました。

管理画面でモジュール版に切り替えた後もPHP 7.1.14(cgi-fcgi)という表記が残るため、CGIもしくは、FastCGIから切り替わっていないのでは?という疑問が残りました。

さくらのレンタルサーバー 管理画面PHPモジュール版選択
さくらのレンタルサーバー 管理画面PHPモジュール版選択

Google Test my site(テスト マイ サイト)で表示速度を比較

「Google Test mys site(テスト マイ サイト)」を使い、PHP7.1 モジュール版とPHP7.1 CGI版の表示速度を比較してみました。

Google Test my site(テスト マイ サイト)による表示速度の測定結果
テスト日時(日本時間) PHP7.1(モジュール版) PHP7.1(CGI版)
2018年4月23日(月) 6時台 4秒 4秒
2018年4月23日(月) 22時台 5秒 4秒
2018年4月24日(火) 4時台 5秒 4秒

Gtmetrix(ジーティーメトリクス)ほど数値に大きな差はないものの、CGI版の方が早いという結果になりました。

「高速化した「さくらのレンタルサーバー スタンダードプラン」の実力」のまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

PHP5.6以下を使っている人は、最新バージョンのPHP7.1に上げることで大きな表示速度の改善が見込めることが分かりました。

そして、今回の検証目的のキッカケとなったPHP7.1 CGI版とPHP7.1 モジュール版の比較ですが、残念ながら、数値的な改善はなく、むしろ遅いという結果でした。

大量のユーザーのアクセスをさばくのには、モジュール版の方が安定しているといったメリットがあるかもしれませんが、今回の検証結果だけをみるとPHPのバージョンアップは効果あり、CGI版とモジュール版はCGI版の方が早いというのが結論です。

業界最大手の老舗という安心感があった「さくらのレンタルサーバー」ですが、矢継ぎ早にサービスの改善を進める姿勢に好感が持てます。

元々、欠点が少なく、コストパフォーマンスが非常に高いレンタルサーバーですので、特に初めてレンタルサーバーを借りる人にとって間違いのない選択肢になります。

料金や機能の詳細は、下記に記事が参考になりますので、さくらのレンタルサーバーに興味を持った人は一読してから借りることをオススメします。