さくらインターネット スタンダードプラン実力診断

2018年4月24日ドメイン, 無料SSL/SSL, 初心者向けレンタルサーバー, WordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバー, レンタルサーバー

さくらインターネット スタンダードプランの実力の全て

人気レンタルサーバーひとつになっているさくらのレンタルサーバの中でも人気ナンバーワンのスタンダードプランの人気の秘密を探るべく、その実力をカタログ上のスペックと表示速度テストや負荷テストを通じて確かめていきましょう。

パワーアップしたさくらのレンタルサーバー スタンダードプランの記事も参考にしてください。

▼この記事の目次(もくじ)

  1. さくらインターネットのスタンダードプランを知ろう!
    1. レンタルサーバー国内最大手、さくらインターネットを知ろう!
    2.  さくらインターネット スタンダードプランの費用とその他費用
      1. さくらインターネット スタンダードプランの料金
      2. ドメインもさくらインターネットで取れる!ただし価格は?
      3. 安い!SSLはさくらのSSLで決まり?
    3. さくらインターネット スタンダードプランの基本スペックを知ろう!
      1. レンタルサーバーの性能はサーバー本体のスペックで決まる!?
      2. スタンダードプランの主要データ
      3. 忘れてはいけないセキュリティ対策
      4. 使い方に迷わない分かりやすい管理ツール(コンパネ)
    4. さくらインターネット スタンダードプランの特徴と優位性は?
      1. 低価格で高品質なレンタルサーバー
      2. 人気の秘密は豊富な運用実績と高い信頼性
      3. 実際に利用してから判断!無料の試用期間は2週間
      4. 万全のサポート体制!メールはもちろん、電話もOK!
      5. 国内最大級の大容量バックボーン
  2. さくらインターネット スタンダードプランの実力診断!
    1. Google PageSpeed Insights(グーグル ページスピード インサイト)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る
    2. Gtmetrix(ジーティーメトリクス)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る
    3. Test my site(テスト マイ サイト)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る
    4. Load Impact(ロードインパクト)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る
  3. さくらインターネット スタンダードプランを使う人はこんな人
    1. さくらインターネット スタンダードプランに向いている人
      1. 信頼性、安全性を重視し、とにかく安心、安定を好む人
      2. 価格と性能の両面で満足したい人
      3. よくわからない、悩んで決めきれない人
    2. さくらインターネット スタンダードプランに向いていない人
      1. 大規模サイトを考えている人
      2. 新しいものが好きな人
      3. 人と同じものが嫌いな人
  4. さくらインターネット スタンダードプラン実力診断のまとめ

さくらインターネットのスタンダードプランを知ろう!

はじめにレンタルサーバーを提供しているさくらインターネット株式会社がどんな企業なのか知り、続いて人気ナンバーワンのスタンダープランについて価格、具体的なサービス内容をみていきましょう。

レンタルサーバー国内最大手、さくらインターネットを知ろう!

設立は1999年8月7日、2005年に東証マザーズへ上場し、2015年に上場市場を東証一部へ変更しており、歴史、企業規模共に信頼性の高い企業になります。

ウィキペディアによると

さくらインターネット株式会社(英: SAKURA Internet Inc.)は大阪市中央区に本社を置く、ホスティングサーバを中心とするデータセンター事業およびインターネットサービス事業を行う企業である。日本のインターネット黎明期よりホスティングサーバの提供を行っている国内最大手の老舗である。

のように書かれています。

国内最大手の老舗となると保守的なイメージがありますが、VPS(仮想専用サーバ、virtual private server、バーチャル プライベート サーバー)やクラウドといった新しいレンタルサーバーのサービスを提供したり、IoT(モノのインターネット、Internet of Things、インターネット オブ シングス)プラットフォームの提供など常の新しいことに取り組んでいる長い歴史を持つ革新的な企業です。

さくらインターネット スタンダードプランの費用とその他費用

さくらインターネットのスタンダードプランを利用するにあたり発生するレンタルサーバー費用とホームページ・Webサイトを公開するにあたり必要となる費用はいくらなのでしょうか?

さくらインターネット スタンダードプランの料金

さくらインターネットのスタンダードプランの料金は下記のようになります。

さくらインターネット スタンダードプラン費用 ※2017年6月時点
支払い項目 費用
初期費用 1,029円(税込)
利用料金(月払い) 515円(税込)/月
年間総額 6,180円(税込)
利用料金(年払い) 429円(税込)/月
年間総額 5,142円(税込)

年払いにすると月払いと比較して、2ヶ月分の利用費用が安くなりますので、予算が許せば年払いを選んでお得に使いましょう。

ドメインもさくらインターネットで取れる!ただし価格は?

ホームページ・Webサイトの開設にあたり独自ドメインを取得する場合には、1年目にドメイン新規取得費用、二年目以降にドメイン更新費用が必要です。
さくらインターネットでは、ドメインの取得も可能です。

さくらインターネット ドメイン取得・更新費用 ※2017年6月時点
ドメインの種類 新規取得(年額) 更新費用(年額)
.com、.org、.net、.info、.biz 1,852円(税込) 1,852円(税込)
.jp 3,909円(税込) 3,909円(税込)
.co.jp、.or.jp、.ne.jp、.gr.jp、.ac.jp、ed.jp、.go.jp、.地域名.jp 10,800円(税込) 7,560円(税込)

ただし、選択できるドメインの種類は少なく、価格は他社と比べると高いので、他社で取得したドメインをさくらインターネットで使うという方法を検討してください。

おすすめは、お名前.comとMuuMuu Domain!(ムームードメイン)“" です。

安い!SSLはさくらのSSLで決まり?

これからホームページ・Webサイトを開設するのであれば、常識になりつつある常時SSL化を検討してください。

新たな費用は発生しますが、さくらインターネットでは非常に安価なラピッドSSLという商品がが提供されており、1年契約の場合は月額125円(税別)で導入することができます。
SEO効果もあることを考えると、これから開設するホームページ・Webサイトには入れないという選択肢はないと思います。
さらに複数年契約だとお得になりますので、ずっと続けるという覚悟がある場合は、複数年契約も視野に入れてください。

さくらインターネット さくらのSSL費用 ※2017年6月時点
SSL証明書 1年契約 2年契約 3年契約
ラピッドSSL 1,500円(税別) 2,700円(税別) 3,200円(税別)

詳しくは、下記の記事を参考にしてください。

さくらインターネット スタンダードプランの基本スペックを知ろう!

さくらインターネットのスタンダードプランの費用、その他に必要となるドメインとSSLの費用が分かったところで、もう一つレンタルサーバーを選ぶ際の重要な要素となる、さくらインターネットのスタンダードプランの基本スペック、サービス内容についてみていきましょう。

レンタルサーバーの性能はサーバー本体のスペックで決まる!?

レンタルサーバーといっても早い話が高性能なパソコンです。
サーバー本体のスペックは、ホームページ・Webサイトの表示速度に関わる重要な要素の一つであり、レンタルサーバーのサービスの品質に直結します。

おおよそ130の契約者が、下記スペックのサーバー一台を共有して利用しています。
CPUには、聞き慣れない名前が入っていますがサーバー専用のCPUになります。
CPU、メモリー容量ともに価格に見合う十分なスペックです。

さくらインターネット スタンダードプラン サーバースペック ※2017年6月時点
項目 データ
OSバージョン FreeBSD 9.1-RELEASE-p24 amd64
CPU Xeon E312xx(Sandy Bridge)
メモリー容量 18GB
Apacheバージョン Apache/2.2.31

スタンダードプランの主要データ

さくらインターネット スタンダードプランで提供されている主要なサービス内容です。
運営側であるさくらインターネットが使えるバックアップはありますが、利用者側が使えるバックアップの仕組みが無いのは残念ですが、その他の項目に関しては不足なく、十分なサービス内容になります。

さくらインターネット スタンダードプラン 主要データ ※2017年6月時点
項目 データ 項目 データ
共有/専有 共有 無料お試し期間 2週間
ディスク容量 100GB 転送量目安 80GB/日
メールアドレス数 制限なし ドメイン利用最大数 20個
MySQLデータベース 20個 WordPressクイックインストール
PHP5系 PHP7系
共有SSL 独自SSL
バックアップ × 回線帯域合計 812Gbps
データセンターの立地 日本国内 サーバー監視体制 24時間365日
有人監視
メールサポート 電話サポート

忘れてはいけないセキュリティ対策

ホームページ・Webサイトを運営するうえで日々重要度が増しているのがセキュリティ対策です。
被害者にならないことはもちろんですが、加害者にならないためにもどのような機能が提供されているのかしっかりと確認していきましょう。

さくらインターネット スタンダードプラン セキュリティ ※2017年6月時点
項目 データ 内容
WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール) ホームページ・Webサイトへの攻撃を検知し、ブロックすることができます。
国外IPアドレスフィルタ 国外からのアクセスを拒否することができます。
メールウィルスチェック メールに対してウィルスチェックを実施します。
Web改ざん検知サービス ◯(有償) ホームページ・Webサイトに改ざんがないか毎日チェックするサービスです。

海外からの不正アクセスは、国外IPアドレスフィルタを使うことで防ぐことができます。
WAF(ウェブアプリケーションファイアウォール)は、機能の性質上、設定にコツが必要ですが、インターネットを検索するとたくさんの情報が公開されていますので、それらの情報を参考にしながら設定にチャレンジしてください。

使い方に迷わない分かりやすい管理ツール(コンパネ)

私自身は、2005年4月からさくらインターネットのスタンダードプランを利用していますが、機能追加に伴いメニューの追加こそありますが、コンパネの全体のデザインは変わっていません。

各パーツを大きくして、今どきのデザインになるとよいとは思いますが、すべてのメニューが左にそろっていて、その中から必要なものを選んで使う現在のデザインは、オーソドックスで非常に分かりやすく使いやすいコンパネになっています。

さくらインターネット スタンダードプラン コンパネ

さくらインターネット スタンダードプランの特徴と優位性は?

さくらインターネット スタンダードプランの費用と基本的なスペックが分かったところで、その他のレンタルサーバーと比較してどのような優位性を持っているか確認していきましょう。

お手頃価格で最高のレンタルサーバー

初年度は初期費用として1,029円(税込)が別途必要ですが、レンタルサーバー利用料金だけに限定すると年間契約をした場合は月額429円(税込)でレンタルサーバーを借りることができます。

もっと安いレンタルサーバーや高機能なレンタルサーバーもありますが、安くて低機能、高機能で高い、では満足度が上がりません。
価格と提供されているサービス内容を考えると非常にバランスがとれた満足度の高いレンタルサーバーです。

人気の秘密は豊富な運用実績と高い信頼性

さくらインターネットのレンタルサーバーは、利用件数が40万件を超える人気のレンタルサーバーです。

サーバー稼働率が99.99%以上、24時間365日有人監視をおこない、大規模地震にも耐える耐震・免震構造を採用したデータセンター専用施設、冗長構成の無停電装置なども完備されており、高い信頼性が人気の理由の一つです。

レンタルサーバーに保存されているデータは同時に二台のハードディスクに書き込むことで二重化されており、かつ、バックアップ用のサーバーにもデータを退避させているため万が一の場合には、バックアップサーバーからの復旧が可能です。
※サーバー自体の障害から復旧するためのバックアップのため、個別のデータ復旧依頼には対応していません。

実際に利用してから判断!無料の試用期間は2週間

実際にレンタルサーバー使ってみてから判断したい!という方のために無料の試用期間が設けられています。
レンタルサーバーの利用申込みから2週間以内にキャンセル手続きをすれば料金は発生しませんので、実際に管理画面(コンパネ)で操作をしたり、サーバーのパフォーマンスを確認できますので有効に利用しましょう。

お試し期間中は、共有SSLが使えない、転送量が契約時よりも制限される、独自ドメインが使えない(ただし、クレジットカード払い、もしくは入金確認後は利用可能)といった制約が発生しますが、レンタルサーバーを評価するという意味では支障のない制限になります。

さくらインターネットと比較されることが多い、LOLIPOP!(ロリポップ!)とXSERVER(エックスサーバー)の無料の試用期間は10日なので、さくらインターネットが少し余裕を持って検討できます。

万全のサポート体制!メールはもちろん、電話もOK!

ホームページ・Webサイトを作っていく、運用していく中で不明点があれば、メールもしくは、電話で問い合わせをすることが可能です。

明確に問い合わせ内容を理解している場合はメールも便利なのですが、何を聞いてよいかわからないという困った状況でも、電話であればひとつひとつ状況を説明しながら問題解決することができます。

国内最大級の大容量バックボーン

ホームページ・Webサイトの表示速度の高速化は、ユーザーに対してストレスなく情報を伝え、SEOにとっても重要な要素になっています。
国内最大級の大容量回線を有しているさくらインターネットのサービスを使うことで、表示速度の向上に大きく前進します。

国内最大級の規模となるさくらインターネットのバックボーンネットワークは、日本国内の代表的なIXや数多くの大手ISPと東京・大阪で接続を行い、高い可用性と圧倒的なトラフィック配信能力を実現しています。対外接続の総計は、データセンター専業事業者としては最大規模となる812Gbps。各データセンター間も10ギガビット以上で接続されています。

国内最大級の大容量バックボーン

国内最大級の大容量バックボーンに加え、さくらインターネット内部でも高速化対策を実施しています。
長年の蓄積したノウハウと継続した企業努力の成果により、高い安定性と高速化を実現しています。

充実した対外接続バックボーンを生かすために、さくらインターネットでは内部ネットワークのスループット向上に尽力しています。
バックボーンルータより上流は標準で10Gbps以上で接続を行い、よりスループットが求められるカ所では複数の回線で接続し負荷分散を行うことで、高い安定性とスループットを実現しています。

高速な内部ネットワーク

さくらインターネット スタンダードプランの実力診断

実際にさくらインターネットのスタンダードプランを利用して表示速度や負荷への耐性といったパフォーマンスを確認してみました。

WordPress(ワードプレス)のTwenty Seventeenテーマを使ったWebサイトを作り、各種ツールを使って表示速度の実測してみました。

表示速度実測条件
条件 バージョン
WordPress(ワードプレス)バージョン 4.8
利用テーマ Twenty Seventeen 1.3
利用プラグイン 利用なし(すべて無効) 
登録記事数 0件(記事なし)

Google PageSpeed Insights(グーグル ページスピード インサイト)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る

Googleが提供している「Google PageSpeed Insights(グーグル ページスピード インサイト)」を使い、さくらインターネット スタンダードプランの表示速度を計測してみました。

実施したテストではコンテンツを入れていないため実際のホームページ・Webサイトを表示した場合はスコアが落ちることになりますが、少なくともレンタルサーバー自体の問題で表示速度が遅くなるということは無さそうです。

Google PageSpeed Insights(グーグル ページスピード インサイト)による表示速度の測定結果
テスト実施回数 モバイル パソコン
2017年6月25日(日) 5時台 87/100 94/100
2017年6月25日(日) 9時台 87/100 93/100

Gtmetrix(ジーティーメトリクス)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る

「Gtmetrix(ジーティーメトリクス)」を使い、さくらインターネット スタンダードプランの表示速度を計測してみました。

Google PageSpeed Insights(グーグル ページスピード インサイト)同様、高いパフォーマンスが出ていますので、後は作るホームページ・Webサイト次第で表示速度が変わることになります。

Gtmetrix(ジーティーメトリクス)による表示速度の測定結果
テスト実施回数 接続元 PageSpeed Score YSlow Score Fully Loaded Time
(読込時間)
Total Page Size
(ページ容量)
Requests
(接続数)
2017年6月25日(日) 5時台 カナダ バンクーバー A(97%) B(88%) 1.8s 198KB 10
2017年6月25日(日) 9時台 カナダ バンクーバー A(97%) B(88%) 2.0s 198KB 10

Test my site(テスト マイ サイト)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る

2017年7月にGoogleが公開した「Test mys site(テスト マイ サイト)」を使い、さくらインターネット スタンダードプランの表示速度を計測してみました。

「訪問者の推定離脱率」は、表示に3秒以上経過すると閲覧者が離脱する前提でどのくらいの比率の方が離脱するかを表しています。

Test my site(テスト マイ サイト)による表示速度の測定結果
テスト実施回数 読込時間 訪問者の推定離脱率 同じ業種内の比較
2017年7月4日(火) 5時台 4秒 10% 良好

Load Impact(ロードインパクト)で「さくらインターネット スタンダード」プランの表示速度を測る

ホームページ・Webサイトの運用直後はユーザー数が少なく表示速度が速くても、ユーザーが増えてきた時に表示速度が極端に落ちるようでは困ります。
「Load Impact(ロードインパクト)」を使い、同時接続しているユーザーを増加させていきながら、さくらインターネット スタンダードプランの表示速度の変化をみていきましょう。

同時接続ユーザー数が増えるに従い表示速度は落ちていますが、極端に悪くなるわけではありませんでした。
実際のホームページ・Webサイトへのアクセスは、同時接続というよりはバラバラとアクセスされることになりますが、同時にアクセスが集中してもこれであれば安心できます。

Load Impact(ロードインパクト)による表示速度の測定結果
テスト実施回数 接続元 5ユーザー 10ユーザー 15ユーザー 20ユーザー 25ユーザー
2017年6月25日(日) 9時台 アイルランド
ダブリン
3.39s 4.01s 4.91s 4.69s 5.01s

Load Impact(ロードインパクト)の結果をグラフで表すと下記になります。
緑の線が表示速度、青い線が同時接続しているユーザーの数になります。同時接続時の表示速度

さくらインターネット スタンダードプランを使う人はこんな人

さくらインターネットのスタンダードプランは、ホームページ・Webサイトを作りたいと考えている多くの人にオススメしたいレンタルサーバーのプランですが、もちろんすべての人に向いているわけではありません。

あなたがさくらインターネットのスタンダードプランに向いているか、向いていないのかを確認してみましょう。

さくらインターネット スタンダードプランに向いている人

どんなタイプの人、どんな目的を持った人が、さくらインターネットのスタンダードプランに向いているでしょうか。

信頼性、安全性を重視し、とにかく安心、安定を好む人

レンタルサーバーを提供しているさくらインターネット株式会社は東証一部の上場企業です。
上場している企業がすべて信頼できるわけではありませんが、企業規模を含め、信頼度を評価する際の客観的な基準になり得ます。

また、提供しているレンタルサーバーは、長い運用実績を持っており、蓄積されたノウハウがサービスに活かされていることは間違いありません。

さくらインターネットのスタンダードプランは、事業会社、サービスの両面から安心して信頼できるレンタルサーバーサービスになります。

価格と性能の両面で満足したい人

レンタルサーバーとしてさくらインターネット スタンダードプランを選んだ場合、年間契約で4,762円(税別)、さくらインターネットのドメインより安いお名前.comでcomドメインでを取得して1,280円(税別)、さくらのSSLでラビットSSL証明書を取得して1,500円(税別)、合計年間7,542円(税別)となり月の支払いは629円(税別)になります。

もっと安いレンタルサーバーもありますし、もっと高性能なレンタルサーバーもありますが、価格と提供されているサービス内容のバランスが良く、コストパフォーマンスが非常に高いレンタルサーバーサービスになります。

よくわからない、悩んで決めきれない人

そもそも調べたくない人(笑)、いろいろ調べたけど結局どのレンタルサーバーがよいのかわからない人は、騙されたと思ってさくらインターネット スタンダードプランを使ってみてください。

悩んでいても結論はでないので、無料お試し期間の2週間を使い実際にサービスを利用し、その期間の中で評価してみるというのはどうでしょうか。

さくらインターネット スタンダードプランに向いていない人

価格と性能のバランスが良いさくらインターネット スタンダードプラン、多くの人におすすめしたいレンタルサーバーですが、その用途や考え方によっては向かない人がいます。

大規模サイトを考えている人

さくらインターネット スタンダードプランは、主に個人や中小企業が運営するホームページ・Webサイトを想定ています。

データ転送量が80GB/日を超える大規模サイトや複雑なサーバー構成、高度なセキュリティが求められる場合は、さくらインターネットの上位プランやさくらのクラウド、その他のレンタルサーバー、クラウドサービスの利用を検討してください。

新しいものが好きな人

新しいもの好きのあなたには、さくらのクラウドやAWS(Amazon Web Services/アマゾン ウェブ サービス)等のクラウドサービスの利用を検討してください。

レンタルサーバーと比較して自由度が高いクラウドサービスを使うことで、新しい発見や理想の環境を構築できるようになります。

人と同じものが嫌いな人

さくらインターネット スタンダードプランは、人気のあるレンタルサーバーサービスです。
人気があるものは嫌い、人とは違うことをしたいという人は、是非、他のサービスを探してください。

個性豊かサービスがたくさんありますので、きっとあなたの理想とするレンタルサーバーサービス、もしくはクラウドサービスが見つかると思います。

さくらインターネット スタンダードプラン実力診断のまとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

人気レンタルサーバーの一つであるさくらインターネットのスタンダードプランの実力を理解していただけたでしょうか?

レンタルサーバーの老舗ですが、新しい機能も随時追加されて、欠点が少なく、コストパフォーマンスが非常に高いレンタルサーバーです。

初めてホームページ・Webサイトを作る場合はもちろんですが、ホームページ・Webサイトの人気がでてアクセスが増えてきた場合でも他のレンタルサーバーに移動することなくずっと利用できる安心のレンタルサーバーです。