ドメイン取得・維持費用が無料のレンタルサーバーの実力

2017年6月23日ドメイン, 初心者向けレンタルサーバー, WordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバー, レンタルサーバー

ドメイン取得・維持費用が無料のレンタルサーバーの実力

ホームページ・Webサイトを開設にするにあたり、必ずドメインが必要になります。

例えば、人気のレンタルサーバーのひとつであるさくらインターネットは、初期ドメインとして◯◯◯.sakura.ne.jp(◯◯◯には、英数字を指定する)が利用可能になり、さらにさくらインターネットが予め取得済みの60種類のサブドメインを利用できます。

さくらインターネットが保有する60種類のドメイン

halfmoon.jp|ivory.ne.jp|opal.ne.jp|topaz.ne.jp|mints.ne.jp|sumomo.ne.jp|mokuren.ne.jp|amaretto.jp|mimoza.jp|thyme.jp|daynight.jp|kokage.cc|silk.to|rusk.to|kirara.st|mail-box.ne.jp|sakuraweb.com|jpn.org|x0.com|squares.net|o0o0.jp|xii.jp|undo.jp|x0.to|from.tv|sakura.tv|rgr.jp|rdy.jp|skr.jp|eek.jp|flop.jp|whoa.jp|noob.jp|achoo.jp|uh-oh.jp|jeez.jp|bona.jp|chew.jp|crap.jp|grrr.jp|rash.jp|rojo.jp|nazo.cc|websozai.jp|2-d.jp|netgamers.jp|deko8.jp|gokujou.biz|saikyou.biz|180r.com|tank.jp|razor.jp|rulez.jp|matrix.jp|spawn.jp|saloon.jp|nyanta.jp|grats.jp|fubuki.info|rossa.cc

しかし、せっかくホームページ・Webサイトを開設するのであれば、自分の好きなドメインを使いたいと思いませんか?
しかもそれが専門知識が不要で簡単にできれば、なおさらうれしいですよね!
そんな希望を叶えてくれる、サーバーと独自ドメインがセットになっているレンタルサーバーがあります。

メリット・デメリットを確認しながら、ドメイン取得・維持費用が無料のレンタルサーバーの実力をみていきましょう。

▼この記事の目次(もくじ)

  1. ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバーを知ろう!
    1. ドメイン取得・維持費用込みレンタルサーバーのメリット
      1. レンタルサーバーへのドメイン設定が楽で不要なトラブルに巻き込まれない
      2. レンタルサーバーとドメインの請求を一本化できる
    2. ドメイン取得・維持費用込みレンタルサーバーのデメリット
      1. レンタルサーバーとドメイン取得・維持費用の内訳が曖昧
      2. レンタルサーバーの選択肢が少ない
  2. 本当にお得!?ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバー
    1. レンタルサーバーの相場は?
    2. ドメインの取得・維持費用の相場は?
    3. レンタルサーバー、ドメインを別々に契約するといくら?
  3. ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバー主要3サービス
    1. VALUE SERVER(バリューサーバー)まるっとプラン
      1. VALUE SERVER(バリューサーバー) まるっとプランで使えるドメインの種類は?
      2. VALUE SERVER(バリューサーバー)のまるっとプランは、こんな人におすすめ!
    2. アルファメールダイレクト
      1. アルファメールダイレクトで使えるドメインの種類は?
      2. アルファメールダイレクトは、こんな人におすすめ!
    3. NTTコミュニケーション Bizメール&ウェブ エコノミー
      1. Bizメール&ウェブ エコノミーで使えるドメインの種類は?
      2. Bizメール&ウェブ エコノミーは、こんな人におすすめ!
  4. まとめ

ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバーを知ろう!

レンタルサーバーを契約している限り、ずっとドメイン取得・維持費用が不要になる。
すごくお得な気がしますが、本当にそうなのでしょうか?ただ単にセットになっているだけであれば、レンタルサーバーとドメインを別々に契約しても良さそうです。

きっと何か良いことがあるはずなので、ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバーの実力を確認してみましょう。

ドメイン取得・維持費用込みレンタルサーバーのメリット

レンタルサーバーとドメインがセットで提供されているメリットにはどのようなことがあるのでしょうか?

セットになっていると何かと便利なイメージがありますが、具体的なメリットをみていきましょう。

レンタルサーバーへのドメイン設定が楽で不要なトラブルに巻き込まれない

最大のメリットは、レンタルサーバーとドメインがセットになって提供されていることで設定の煩わしさがなくドメインが使えるようになる点になります。

レンタルサーバーとドメインを別々に契約した場合は、取得したドメインを使えるようにレンタルサーバーとドメイン双方のマニュアルを見ながら設定をする必要があります。
設定方法が統一されていれば良いですが、各社設定方法が異なりますので、レンタルサーバーとドメイン提供会社の組み合わせの数だけ設定方法があります。

専門的な知識が乏しい、少しでも不要なトラブルに巻き込まれたくない人にとっては大きなメリットになります。

レンタルサーバーとドメインの請求を一本化できる

レンタルサーバーとドメインを別々に契約すると当然、請求が二箇所から届きます。

普段はそれほど大きな問題はありませんが、例えば、支払いに使っているクレジットカードを変更する場合、レンタルサーバー、ドメインそれぞれの支払い方法を変更する必要があります。
支払履歴を管理する場合も一つではなく、レンタルサーバーとドメインが別れていると二つとなり処理が煩雑になります。

ひとつにまとめられるようであれば、シンプルにまとめた方がスッキリするのは、レンタルサーバーとドメインでも一緒です。

ドメイン取得・維持費用込みレンタルサーバーのデメリット

レンタルサーバーとドメインがセットになっている商品のメリットが分かったところで、そのトレードオフとなるデメリットをみていきましょう。

レンタルサーバーとドメイン取得・維持費用の内訳が曖昧

レンタルサーバーとドメインに限らずセット商品は、一般的に内訳が曖昧です。

セットになっているのでなんとなく安いのでは?というイメージを持つ方もいるかもしれませが、しっかりと費用の内訳を想定しつつ、本当にお得なのか検討する必要があります。

セットになっているメリットはありますが、もしかしたらメリット以上に割高な料金になっているかもしれません。

レンタルサーバーの選択肢が少ない

レンタルサーバーとドメインがセットになっているサービスは、多くはありません。

多くないということはそこにはあまり競争が無いことを意味します。

レンタルサーバーとドメインがセットになったサービスがよいのか、別々に契約した方がよいのかしっかりと判断をする必要があります。

本当にお得!?ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバー

レンタルサーバーとドメインがセットになっているサービスは本当にお得なのか?
レンタルサーバーとドメインに分けて相場を確認してみましょう。

レンタルサーバーの相場は?

ホームページ・WebサイトにWordPress(ワードプレス)を使う前提でレンタルサーバーを選んでみましょう。

WordPress(ワードプレス)に最適化されたレンタルサーバーということであれば、月額1,000円前後となります。

WordPress(ワードプレス)は使うけど、機能や性能はそこそこにもう少し安くということであれば、最安値は月額100円(税別)のDOMAIN KING(ドメインキング) Pプランです。

恐らく最も使われているレンタルサーバーの価格帯は月額500円前後だと思いますが、最強はmixhost(ミックスホスト)だと思いますので、参考にしてください。

ドメインの取得・維持費用の相場は?

レンタルサーバーに続き、ドメインの取得・維持費用の相場をみていきましょう。

.comドメインの場合、お名前.comとMuuMuu Domain!(ムームードメイン)“"が取得に699円(税別)、二年目以降の継続に1,280円(税別)となっています。
.jpドメインの場合、各社あまり差がなく2,840円(税別)前後が相場になっており、取得(一年目)、継続(二年目)で価格差はないというのが現状です。

レンタルサーバー、ドメインを別々に契約するといくら?

レンタルサーバーは月額500円〜1,000円、ドメインは、.comドメインを使う場合は月額約100円、.jpドメインを使う場合は月額約200円が費用の目安になります。

.comドメインを使いレンタルサーバーを借りる場合は月額1,100円、.jpドメインを使いレンタルサーバーを借りる場合は月額1,200円を超えるようだと割高感が出てきますので、レンタルサーバーの性能と提供される機能を確認し、レンタルサーバーとドメインがセットになってるサービスがよいのか、バラバラに契約したほうがよいのか精査してください。

ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバー主要3サービス

選択肢は多くはありませんが、レンタルサーバーとドメインがセットになっている主要なサービスを紹介します。

VALUE SERVER(バリューサーバー)まるっとプラン

GMOグループのVALUE SERVER(バリューサーバー)が提供する「まるっとプラン」は、レンタルサーバーとドメインがセットになったプランです。

初期費用が無料なのも特徴の一つです。

取得するドメイン毎に費用に差がありますが、全体的に費用は安く、.comドメインの場合、一年目は年額2,160円(税別)で月額180円(税別)、二年目以降は年額2,800円(税別)で月額234円(税別)になります。

一年目の最安値のドメインは、.clubドメインと.xyzドメインで年額1,599円(税別)で月額134円(税別)、二年目以降の最安値のドメインは、.tokyoドメインと.nagoyaドメインと.yokohamaドメインで年額2,420円(税別)で月額202円(税別)になります。

VALUE SERVER(バリューサーバー) まるっとプランで使えるドメインの種類は?

.com|.net|.info|.biz|.jp.net|.jpn.com|.asia|.co|.me|.pw|.tokyo|.nagoya|.yokohama|.club|.link|.click|.blue|.pink|.red|.xyz

VALUE SERVER(バリューサーバー)のまるっとプランは、こんな人におすすめ!

無料のお試し期間なし、契約は一年更新という厳しい面もありますが、.comドメインで初年度月額180円(税別)、二年目以降月額234円(税別)でレンタルサーバーとドメインがセットになっているというのは非常にお得です。

レンタルサーバーを快適に利用できる想定ページビューも~150万/月と十分ですので、初めてレンタルサーバーを借りる人にとって良い選択肢になります。

アルファメールダイレクト

大塚商会がが提供している「アルファメールダイレクト」は、レンタルサーバーとドメインがセットになったプランです。
上位プランの「アルファメール」、「アルファメールプレミアム」も同様にレンタルサーバーとドメインがセットになっています。

アルファメールダイレクトは、初期費用3,000円(税別)、月額1,400円(税別)になります。

アルファメールは、初期費用5,000円(税別)、月額2,800円(税別)になります。

アルファメールプレミアムは、初期費用5,000円(税別)、月額3,800円(税別)〜になっており、ディスク容量に応じて金額が変わります。

アルファメールダイレクトで使えるドメインの種類は?

.co.jp|.ac.jp|.go.jp|.ed.jp|.or.jp|.com|.net|.org|.biz|.info|.jp

アルファメールダイレクトは、こんな人におすすめ!

法人寄りのレンタルサーバーになりますので、起業して.co.jpドメインや.jpドメインでホームページ・Webサイトを作る場合は、よい選択肢になります。

.comや.infoなどの安いドメインを使い場合はお得感が薄れるので、.co.jpや.jpドメインを使う方に向いているレンタルサーバーといえるでしょう。

NTTコミュニケーション Bizメール&ウェブ エコノミー

NTTコミュニケーションが提供している「Bizメール&ウェブ エコノミー 」は、ドメイン取得費用が無料のレンタルサーバーです。
ドメイン費用が無料になるのはドメイン取得費用だけで、二年目以降は更新費用は発生しますので注意してください。

初期費用無料、月額1,429円(税別)になります。
二年目以降は、上記の月額費用に取得したドメインに応じて年額2,800円(税別)~のドメイン維持費が加わります。

料金は少し割高になりますが、NTTグループが提供するサービスですので、ネットワークの信頼度でいえば国内最高クラスは間違いありません。

Bizメール&ウェブ エコノミーで使えるドメインの種類は?

.com|.net|.org|.biz|.info|.jp|.co.jp|.ne.jp|.or.jp|.gr.jp|.go.jp|.ac.jp|.ed.jp

Bizメール&ウェブ エコノミーは、こんな人におすすめ!

国内のNTTコミュニケーションズのデータセンターでサーバーが管理されているため、セキュリティ面で安心感があります。

二年目以降はドメイン更新費用が必要になりますが、多少割高になっても安心のNTTブランドを使うというのは価格以上の価値があります。

まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。

レンタルサーバーとドメインがセットになったプランのメリット、デメリット、そして、実際に提供されているサービスについて理解できたでしょうか?

レンタルサーバーとドメインがセットになっていることで、ドメインを利用できるようにするための設定や管理の手間がかからないという点が一番大きなメリットになりますが、レンタルサーバーの性能や価格についてもしっかりと比較検討し、一緒になっているから良さそうということで飛びつかないようにしてください。

レンタルサーバーでドメインを利用できるようにする設定は、各社マニュアルを用意しています。
しっかり読めば理解できるように分かりやすく書いてありますので、レンタルサーバーとドメインを別で契約するという選択肢を含め、何を重視するかを決めて目的にあったレンタルサーバーを選びましょう。