レンタルサーバーと独自ドメインのセットプランを提供するレンタルサーバー

ドメイン,初心者向けレンタルサーバー,レンタルサーバー,WordPress(ワードプレス)が使えるレンタルサーバー

レンタルサーバーとドメインのセットプランを提供するレンタルサーバー【2023年版】
レンタルサーバーとドメインのセットプランを提供するレンタルサーバー【2023年版】

ホームページを立ち上げる際、レンタルサーバーの契約と独自ドメインの取得が不可欠です。

レンタルサーバーが用意した無料のドメインを使うこともできますが、有料で独自ドメインを取得することで、利用者にプロフェッショナルな印象を与え、ブランドの確立に直結します。

レンタルサーバーとドメインを別々に契約することもできますが、レンタルサーバーとドメインのセットプランを利用することで、ドメイン登録とサーバー設定の手間を減らし、さらにはコスト削減も期待できます。

この記事では、レンタルサーバーとドメインのセットプランのメリットとデメリットについて詳しく解説します。

記事を読むことで、どのレンタルサーバーとドメインのセットプランが自分に適しているのか判断する材料が得られ、賢い選択ができるようになります。

レンタルサーバーとドメインのセットプランのメリット

人気のレンタルサーバーのひとつである「さくらインターネット」のレンタルサーバー では、初期ドメインとして◯◯◯.sakura.ne.jp(◯◯◯には、英数字を指定する)が利用可能となっており、さらに「さくらインターネット」が取得済みドメイン60種類のサブドメインを利用できます。

さくらインターネットが保有する60種類のドメイン

halfmoon.jp|ivory.ne.jp|opal.ne.jp|topaz.ne.jp|mints.ne.jp|sumomo.ne.jp|mokuren.ne.jp|amaretto.jp|mimoza.jp|thyme.jp|daynight.jp|kokage.cc|silk.to|rusk.to|kirara.st|mail-box.ne.jp|sakuraweb.com|jpn.org|x0.com|squares.net|o0o0.jp|xii.jp|undo.jp|x0.to|from.tv|sakura.tv|rgr.jp|rdy.jp|skr.jp|eek.jp|flop.jp|whoa.jp|noob.jp|achoo.jp|uh-oh.jp|jeez.jp|bona.jp|chew.jp|crap.jp|grrr.jp|rash.jp|rojo.jp|nazo.cc|websozai.jp|2-d.jp|netgamers.jp|deko8.jp|gokujou.biz|saikyou.biz|180r.com|tank.jp|razor.jp|rulez.jp|matrix.jp|spawn.jp|saloon.jp|nyanta.jp|grats.jp|fubuki.info|rossa.cc

無料で用意されたドメインを使いすぐに情報発信するのもひとつの方法ですが、独自ドメインとセットになったレンタルサーバーを使えば、好きなドメインを使いすぐに情報発信することが可能です。

面倒な設定なしで独自ドメインが使えるレンタルサーバーとドメインがセットになったプランは、レンタルサーバーとドメインを別々に契約する場合と比較してどのようなメリットがあるでしょうか?

レンタルサーバーへのドメイン設定が不要

レンタルサーバーとドメインのセットプランの最大のメリットは、セットで申し込むことでレンタルサーバーにドメインが設定された状態から使い始めることができます。

レンタルサーバーとドメインを別々に契約した場合は、取得したドメインをレンタルサーバーで使えるようにするための設定が必要です。

難しい設定ではありませんが、各社設定画面が異なりますので、レンタルサーバーとドメイン提供会社の組み合わせの数だけ設定方法があります。

面倒な作業を避け、少しでも早くレンタルサーバーを使いたい方にとってレンタルサーバーとドメインの設定が終わっているというのは大きなメリットです。

ドメインの設定はうまくいけばなんてことはないんですが、問題が発生した際に初心者が原因を特定するのは非常に難しいのです。

ネットでもドメインの設定で困っている人の口コミが散見されます。

レンタルサーバーとドメインの請求を一本化できる

レンタルサーバーとドメインを別々に契約すると当然、請求が2つの会社から届きます。

普段はそれほど大きな問題はありませんが、支払いに使っているクレジットカードを変更する場合、レンタルサーバー、ドメインそれぞれの支払い方法を変更する必要があります。

支払履歴もバラバラに存在し、シンプルに一つにまとめられればスッキリします。

レンタルサーバーとドメインのセットプランのデメリット

レンタルサーバーとドメインがセットプランのメリットが分かったところで、そのトレードオフとなるデメリットをみていきましょう。

レンタルサーバーとドメイン費用の内訳が曖昧

レンタルサーバーとドメインに限らずセットで提供される商品の内訳は曖昧になる傾向があります。

セットになっていることで割安なイメージがありますが、価格の内訳を考えずに契約するのは危険です。

レンタルサーバーとドメインがセットになっていることのメリットも含め適正な価格なのか確認が必要です。

レンタルサーバーの選択肢が少ない

レンタルサーバーとドメインのセットプランを提供しているレンタルサーバーの数は多くありません。

提供数が少ないということは、そこに競争が無いことを意味します。

レンタルサーバーとドメインのセットプランがよいのか、別々に契約した方がよいのかしっかりと判断する必要があります。

レンタルサーバー・ドメインのセットプランの適正価格

レンタルサーバー、ドメインそれぞれの価格帯を確認し、セットプランの適正価格を算出します。

レンタルサーバー月額費用の相場は?

個人向けレンタルサーバーでWordPress(ワードプレス)を使う場合、月額費用の最安値は、VALUE-SERVER(バリューサーバー)のまるっとプラン137円です。

その他にも100円台、200円台のプランは複数のレンタルサーバーから提供されていますが、価格の中心は、初心者向けの場合、月額500円程度、個人向けの高スペックの場合、月額1,000円程度です。

レンタルサーバー各社の月額費用は下記の記事にまとめていますので、興味のある方はこちらもチェックしてみてください。

ドメイン取得、ドメイン維持費用の相場は?

レンタルサーバーに続き、ドメイン取得費用、ドメイン維持費用の相場をみていきましょう。

.comドメインの場合、MuuMuu Domain!(ムームードメイン)“"の場合、取得750円/年、更新1,728円/年、お名前.comの場合は、取得750円/年、更新1,408円/年です

.jpドメインの場合、MuuMuu Domain!(ムームードメイン)“"の場合、取得2,035円/年、更新3,344円/年、お名前.comの場合は、取得1,880円/年、更新3,124円/年です

レンタルサーバー、ドメインを別々に契約した際の月額費用

レンタルサーバーは月額500円〜1,000円程度、ドメインは、.comドメインを使う場合は月額換算で約100円、.jpドメインを使う場合は月額換算で約200円が費用の目安になります。

それぞれの金額を足すと、.comドメインの場合、レンタルサーバーとセットで月額600円〜1,100円、.jpドメインの場合、レンタルサーバーとセットで月額700円〜1,200円であれば、レンタルサーバーとドメインがセットプランを検討する価値はありそうです。

ドメインとセットプランを提供しているレンタルサーバー

レンタルサーバーとドメインのセットプランもしくは、レンタルサーバーを契約するとドメイン費用が無料になるレンタルサーバーをまとめました。

26のレンタルサーバーのうち、レンタルサーバーとドメインのセットプランを提供しているのは10と半分以下ですが、主要なレンタルサーバーではセットプランが提供されているため十分な選択肢があります。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ドメインとセットプランがあるレンタルサーバー ※2023年11月現在
レンタルサーバー名ドメイン
セットプラン
提供
レンタルサーバー解説記事
JETBOY
(ジェットボーイ)
×ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド【2023年版】
mixhost
(ミックスホスト)
“”
ミックスホスト(mixhost)レンタルサーバー 完全ガイド【2023年版】
ColorfulBox
(カラフルボックス)
注1カラフルボックス(ColorfulBox)レンタルサーバー 完全ガイド【2023年版】
ConoHa WING
(コノハ ウイング)
国内最速!コノハ ウィング(ConoHa WING)レンタルサーバー完全ガイド【2023年版】
さくらのレンタルサーバー“"×さくらのレンタルサーバ 完全ガイド【2023年版】
LOLIPOP!
(ロリポップ!)
◯(2個)注2ロリポップ!
(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド【2023年版】
XSERVER
(エックスサーバー)
◯(2個)エックスサーバー(XSERVER)レンタルサーバーの完全ガイド【2023年版】
シン・レンタルサーバーシン・レンタルサーバー完全ガイド【2023年版】
wpX Speed
(ダブリュピーエックス スピード)
“”
×wpX Speed (ダブリュピーエックス スピード)レンタルサーバー完全ガイド【2023年版】
XSERVER BUSINESS(エックスサーバービジネス)◯(2個)エックスサーバー ビジネス(XSERVER BUSINESS)レンタルサーバーの完全ガイド【2023年版】
WebARENA SuiteX
(ウェブアリーナ スィートエックス)
×ウェブアリーナ スイートエックス(WebARENA SuiteX)レンタルサーバー 完全ガイド【2023年版】
リトルサーバー
(Little Server)
×リトルサーバー(Little Sever) 完全ガイド【2023年版】
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
WordPress専用サーバー
×
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
共有サーバー
WADAX(ワダックス)
あんしんWPサーバー
×
CPIレンタルサーバー×
Z.com WP
(ゼットコム ダブリュピー)“"
×WordPress専用レンタルサーバーZ.com WP (ゼットコム ダブリュピー)完全ガイド【2023年版】
Z.com
(ゼットコム)“"
×SSD搭載の低価格レンタルサーバーZ.com(ゼットコム)完全ガイド【2023年版】
heteml
(ヘテムル)
×
VALUE-SERVER
(バリューサーバー)
注3
FUTOKA(フトカ)×
StarServer
(スターサーバー)
×
iCLUSTA+
(アイクラスタプラス)
×
CORESERVER
(コアサーバー)
×
お名前.comレンタルサーバードメイン永久無料!お名前.comレンタルサーバー完全ガイド【2023年版】
ラクサバ×月額90円のレンタルサーバー!ラクサバ完全ガイド【2023年版】

注1 BOX2〜BOX8プランの12ヶ月以上の契約が対象です

注2 ベーシックまたはエンタープライズプランの12ヶ月以上の契約が対象です

注3 まるっとプランの契約が対象です。

ドメイン取得・維持費用込みのレンタルサーバー3選

選択肢は多くはありませんが、レンタルサーバーとドメインがセットになっている主要なサービスを紹介します。

月額220円(税込)〜で使えるLOLIPOP!(ロリポップ)

LOLIPOP!(ロリポップ!)は、インターネット黎明期の2001年からサービスを提供し、運用サイト200万件以上、累積利用者数230万人以上、企業規模、運用実績といった信頼性の面で大きなアドバンテージがあります。

老舗レンタルサーバーですが、常に新しいサービスや機能強化を積極的に導入し進化するレンタルサーバーという点も長く使うことを考えると魅力的です。

オススメのプランは月額220円から使えるライトプランです。

低価格レンタルサーバーは安かろう悪かろうと考えてしまいますが、ディスク容量200GB、転送量無制限と十分なスペックを持っており、将来拡張が必要になった際には、データ移行なしで上位プランへの変更が可能です。

もう少しお金を出しても高速なサイト表示を求めるならば高速WebサーバーLiteSpped(ライトスピード)が使えるベーシックプランを選択してください。

コストを抑え、かつ将来の拡張性にも不安がない、ブログ初心者に最適なレンタルサーバーといえます。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

LOLIPOP!(ロリポップ)のレンタルサーバープラン ※2023年9月時点
LOLIPOP!(ロリポップ)ライトプランベーシックプラン
初期費用無料無料
月額費用
(12ヶ月契約時)
418円990円
無料お試し期間10日10日
ディスクタイプSSDSSD
ディスク容量200GB400GB
転送量目安無制限無制限
WebサーバーApacheLiteSpped
マルチドメイン
(独自ドメイン)
100個無制限
データベース
(MySQL)
1個無制限
無料SSL
WordPress
簡単インストール
自動バックアップ◯有料◯(無料)
メールアカウント無制限無制限
メールサポート
チャットサポート
電話サポート×

ロリポップ!【公式サイト】

2024年6月30日まで契約期間が延長(3ヶ月もしくは1ヵ月)キャンペーン実施中!

初心者から上級者まで「すぐに使える、ずっと使える」のがロリポップ!(LOLIPOP!)です。20年以上の運用実績、230万人以上が利用しています。

\20年以上の運用実績、230万人以上が利用/

シン化するレンタルサーバー シン・レンタルサーバー

国内シェアNo.1レンタルサーバーの「エックスサーバー」のシステムをベースとしたレンタルサーバーサービスです。

エックスサーバーはアダルトサイト/エロサイトには使えませんが、シン・レンタルサーバーを使えばエックスサーバーと同等の高スペックのレンタルサーバーでアダルトサイト/エロサイトを公開できる点も大きなメリットです。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

シン・レンタルサーバー のレンタルサーバープラン ※2023年9月更新、価格は税込
シン・レンタルサーバー ベーシックスタンダード
初期費用無料無料
月額費用
(12ヶ月契約時)
880円1,780円
無料お試し期間10日間10日間
ディスクタイプSSDSSD
ディスク容量300GB400GB
メールアカウント無制限無制限
マルチドメイン
(独自ドメイン)
無制限無制限
サブドメイン無制限無制限
データベース(MySQL)無制限無制限
無料SSL
WordPress
簡単インストール
バックアップ
転送量目安無制限無制限
メールサポート
電話サポート
データセンター立地日本国内日本国内
サーバー監視体制24時間365日24時間365日

シン・レンタルサーバー【公式サイト】

シン・レンタルサーバーでは2024年6月10日まで利用料金30%OFFの月額539円〜キャンペーン実施中!

\初心者でも簡単!わずか1分の手続きでWordPress設置!/

国内シェアNo.1のエックスサーバー(Xserver)

スペック重視であればエックスサーバー(Xserver)がおすすめです。

月額1,100円と個人のレンタルサーバーとしては高価格帯になりますが、国内シェアNo.1、安定性と表示速度を兼ね備えたエックスサーバー(Xserver)を選べばあとは良いコンテンツを作ることだけに集中できます。

独自ドメインが2個永久無料。電話サポートにも対応しており初心者が困った時に専門知識を持ったプロのサポートを受けられる点おすすめのポイントです。

エックスサーバー(Xserver)は、割引もしくはキャッシュバックキャンペーンの実施頻度が高いので、キャンペーンを利用して最高スペックのレンタルサーバーをお得に契約しましょう。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

エックスサーバー(Xserver)のレンタルサーバープラン ※2023年11月更新、価格は税込
エックスサーバー(Xserver)スタンダードプラン
初期費用無料
月額費用
(12ヶ月契約時)
1,100円
無料お試し期間10日
ディスクタイプSSD
ディスク容量300GB
転送量目安無制限
独自ドメイン2個永久無料
Webサーバーnginx(エンジンエックス)
マルチドメイン
(独自ドメイン)
無制限
データベース
(MySQL)
無制限
無料SSL
WordPress
簡単インストール
自動バックアップ◯(無料)
メールアカウント無制限
メールサポート
電話サポート

エックスサーバー【公式サイト】

2024年7月4日まで30%オフで最大42,768円割引キャンペーンを実施中!

\国内シェアNo.1レンタルサーバー/

「レンタルサーバーとドメインのセットプランを提供するレンタルサーバー」まとめ

最後まで「レンタルサーバーとドメインのセットプランを提供するレンタルサーバー」読んでいただきありがとうございます。

レンタルサーバーとドメインがセットになっていることのメリット、デメリット、そして、現在セットプランを提供しているレンタルサーバーの情報は役に立ったでしょうか?

レンタルサーバーとドメインがセットになったプランを選べば、初心者には難易度の高いドメインを利用するための設定がいらないことが最大のメリットです。

面倒なドメイン設定をスキップして、すぐにブログを始めたいという方は、是非レンタルサーバーとドメインがセットになったレンタルサーバーを選んでください。

人気の高いレンタルサーバーのほとんどが独自ドメインのセットプランを提供していますが、費用を気にせずにレンタルサーバーを選べるのであれば一番のおすすめレンタルーサーバーのエックスサーバー(Xserver)です。割引キャンペーンで安く契約できれば非常にお得なのでこまめにチェックしてみてください。

エックスサーバー【公式サイト】

2024年7月4日まで30%オフで最大42,768円割引キャンペーンを実施中!

\国内シェアNo.1レンタルサーバー/