【レンタルサーバー比較】mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)迷ったらどっち?

2019年11月2日レンタルサーバー比較

【レンタルサーバー比較】mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)迷ったらどっち?
【レンタルサーバー比較】mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)迷ったらどっち?

個人で使えるレンタルサーバーのmixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)ですが、レンタルサーバーとクラウドの良い所どりを目指し、後発のレンタルサーバーのmixhost(ミックスホスト)とレンタルサーバー業界の老舗中の老舗で運用実績が豊富なXSERVER(エックスサーバー)。

数多くのレンタルサーバーの中からmixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)のどちらを契約するか迷った際の判断材料として、レンタルサーバーの性能・機能、費用対効果としてどちらが優れているのかひと目で分かるような比較をしてみました。

mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)、それぞれのサービスの特徴を理解して利用目的にあったレンタルサーバー選びの参考にしてください。

mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)の基本スペック比較

mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)の基本スペック比較
比較項目 mixhost(ミックスホスト) XSERVER(エックスサーバー)
サービス開始年月 2016年6月 2003年7月
運用サイト数 非公開 160万件以上
Webサーバー LiteSpeed(ライトスピード) Nginx(エンジンエックス)
PHP PHP5系, PHP7系, PHP5/PHP7切り替え, LSPHP(LiteSpeed PHP) PHP5系, PHP7系, PHP5/PHP7切り替え, CGIモード, モジュールモード
データベース MariaDB(マリアディービー) MySQL(マイエスキューエル)
HTTP/2 利用可能 利用可能
WordPress(ワードプレス)クイックインストール/簡単インストール 利用可能 利用可能
自動バックアップ

毎日自動でバックアップし、過去14日分のデータが保持されます。
誤ってデータを削除した場合は、バックアップデータから復旧することが可能です。

無料でWeb・メールデータの過去7日分、MySQLデータベースの過去14日分を1日1回自動バックアップします。
ただし、復旧用のデータ提供には費用が発生します。
Web・メールデータ:10,000円(税別)
MySQLデータベース:データベース1つにつき5,000円(税別)

2018年8月23日から「MySQLデータベース復元」機能が提供され、「自動バックアップ」機能でサーバーに自動保存されている「MySQLデータベース」バックアップデータの過去7日分の「MySQLデータベース」無料で復元できるようになりました。
8日以上前の「MySQLデータベース」バックアップデータからの復元は有料となります。

アダルトサイト対応 運営可能 アダルトグッズを取り扱うコンテンツ、同人系コンテンツのサイト公開は許可されています。
ただし、性行為、またはそれを連想させる画像・動画を掲載するサイトの公開は禁止されています。
WAF(Webアプリケーションファイヤーウォール)    
無料SSL 利用可能(世界シェアNo.1のCOMODO社を認証局に採用) 利用可能(Let’s Encrypt)
電話サポート 利用不可 利用可能(土日祝除く)
メールサポート 利用可能  
チャットサポート 非対応  
サーバー稼働率 99.99%以上 99.99%以上
データセンター立地 国内データセンター 国内データセンター
回線バックボーン   総計722Gbpsの大容量バックボーン
プラン変更 可能(データ移行不要) 可能(データ移行不要)
無料お試し期間 10日間 10日間

ミックスホスト(mixhost)とエックスサーバー(XSERVER)をもっと知りたい方は、詳細な解説記事をご覧ください。
参考記事1:ミックスホスト(mixhost)レンタルサーバー 完全ガイド【2019版】
参考記事2:エックスサーバー(XSERVER)レンタルサーバーの完全ガイド【2019版】

mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)のプラン比較

mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)のプラン比較
比較項目 mixhost(ミックスホスト)
スタンダードプラン
XSERVER(エックスサーバー)
X10プラン
初期費用 無料 3,000円
月額(年間契約時) 980円 1,000円
ディスクタイプ SSD SSD
ディスク容量 200GB 200GB
利用可能データベース数 無制限 50個
マルチドメイン数 無制限 無制限
サブドメイン数 利用可能 無制限
転送量 2TB/月 70GB/日(データ転送量を超えても課金はありません)
PV目安 100万PV  
引っ越し代行サポート オプション
1サイト9,980円〜
 

mixhost(ミックスホスト)とXSERVER(エックスサーバー)には、その他の複数のプランがあります。
関連記事:レンタルサーバー料金で比較するWordPressが使える個人向けサーバー

mixhost(ミックスホスト)が向いている人

従来のレンタルサーバーは、1台のサーバーを複数人で分け合いつかっているため、自分以外の利用者が所有するホームページ・Webサイトの負荷が高まるとひっぱられて表示が遅くなる等の問題がありましたが、mixhost(ミックスホスト)では、クライドサーバーの考えを導入し、契約ごとに独立した領域を確保することで従来のレンタルサーバーの問題点を解消しています。

XSERVER(エックスサーバー)と比較すると運営実績は乏しい(とはいえ、2016年6月からの実績あり)、発想の転換により他のレンタルサーバー利用者の影響を受けない独立した環境を望む方は、mixhost(ミックスホスト)を選んでください。

また、費用面でも初期費用不要、月額利用料で20円安いmixhost(ミックスホスト)がXSERVER(エックスサーバー)よりも優れていますので、コストを押さえたい方の選択肢としてはmixhost(ミックスホスト)になります。

mixhost(ミックスホスト)に申込む

XSERVER(エックスサーバー)が向いている人

mixhost(ミックスホスト)と比較して、圧倒的な運用実績を誇るのがXSERVER(エックスサーバー)です。

XSERVER(エックスサーバー)は2003年7月からレンタルサーバーを開始しており、豊富な運用実績に基づいた安定的なサービス提供が望めます。

これだけでXSERVER(エックスサーバー)を選択する理由になりしますし、何より今まで生き残り高い人気を誇るレンタルサーバーという何よりの証拠です。

mixhost(ミックスホスト)と費用面で比較すると初期費用として3,000円が掛かり、月額費用で20円プラスになりますが、信頼度を買うという意味では誤差の範囲だと考えます。

サーバーの性能面でいうと、XSERVER(エックスサーバー)は高負荷状態でも安定したホームページ・Webサイトの表示ができることで評価を受けているレンタルサーバーになりますので、大量のアクセスが生まれる、もしくは短時間にアクセスが集中するようなホームページ・Webサイトを運営する場合はXSERVER(エックスサーバー)をオススメします。

XSERVER(エックスサーバー)に申込む