レンタルサーバーのスタンダード!さくらのレンタルサーバーのスタンダードプラン

レンタルサーバープラン比較

さくらのレンタルサーバー スタンダードプランに関連するニュース

2018年5月8日
「コンテンツキャッシュ機能」の正式版がさくらのレンタルサーバー スタンダードプランに適用されました。
Webサイトへのアクセスに対してキャッシュサーバーで応答することで、高速で安定したサイト表示を行えるようにする機能です。
さくらのレンタルサーバー社のベンチマークテストでは、WordPressを利用したWebサイトにおいて、従来の環境と比較して24倍のパフォーマンスがでました。

2018年5月9日
基本的な機能はそのままにデザインを変更することで新しく使いやすくなったコントロールパネルをリリースしました。
ベータ版なのでこれからどんどん使いやすくなっていくことを期待しましょう。
正式リリースは、2018年中を予定しているそうです。

レンタルサーバーのスタンダード!さくらのレンタルサーバーのスタンダードプラン
レンタルサーバーのスタンダード!さくらのレンタルサーバーのスタンダードプラン

さくらのレンタルサーバー スタンダードプランの特徴

レンタルサーバー選びが初めての方や分からない単語が出てきた時には【完全版】失敗しないレンタルサーバーの選び方と合わせて読むことをオススメします。

東証一部上場のさくらインターネットが提供するさくらのレンタルサーバーの中で人気No.1のプランがスタンダードプランです。

月額費用がギリギリ300円台と値ごろ感があり、小規模から中規模程度のWebサイトの運営に適しています。

標準で電話サポートにも対応しており、初めてレンタルサーバーを借りる初心者でも安心して使えるレンタルサーバーです。

レンタルサーバー業界のスタンダードと言っていい、費用対効果が高い標準的となるプランになります。

さくらのレンタルサーバー スタンダードプランの利用実績

利用件数40万件以上

さくらのレンタルサーバー スタンダードプランの機能・スペック

初期費用

953円

月額料金

397円

レンタルサーバータイプ

共有レンタルサーバー

ディスクタイプ

HDD, RAID1

ディスク容量

100GB

データ転送量

80GB/日

マルチドメイン(独自ドメイン)

20個

サブドメイン


サブドメインに対応しています。

Webサーバー

Apache(アパッチ)

PHP

PHP5系, PHP7系, PHP5/PHP7切り替え, CGIモード, モジュールモード

使えるデータベース

MySQL(マイエスキューエル)

MySQL/MariaDB利用可能数

20個

HTTP/2


HTTP/2に対応しています。

WordPress(ワードプレス)クイックインストール/簡単インストール


簡単操作でWordPressをインストールできます。

無料SSL


無料SSL証明書のLet's Encryptに対応しています。

自動バックアップ


データのコピーをスナップショットという単位でバックアップすることができます。
バックアップ可能なデータは、HTMLファイル、画像ファイルなどサイトのコンテンツ一式とWordPressのデータベースです。
データベースのバックアップは、WordPressを利用している場合に限定されており、WordPress以外のCMSのデータベースやオリジナルのデータベースのバックアップを取得することができません。

バックアップのスケジュールを設定することで定期的なバックアップが可能です。また、好きなタイミングでバックアップを取得することも可能です。

バックアップの最大数:8個
1個あたりバックアップ容量:30GB

ステージング環境


簡単な操作でテスト用のサイトを作ることができます。
例えば、WordPressの本体、テーマ、プラグインのアップデートをテスト用のサイトで検証した後に、本番サイトとしてそのまま公開するといった使い方ができます。
従来は、本番サイトでイチかバチかのアップデートしていたことを考えると安心してアップデートができるようになります。

国外IPアドレスフィルタ


国外からのアクセスを制限することで海外からの不正なアクセスを防ぎ、セキュリティを強化することができます。

WAF(Webアプリケーションファイヤーウォール)


SiteGuard(サイトガード)というWAFを使うことができます。

Web改ざん検知サービス


オプションでWeb改ざん検知サービスに対応しています。

アダルトサイト対応

×
一般的に「わいせつと判断されるもの」「性的印象が強い実写 画像」等のコンテンツは禁止されています。
風俗店サイトは許可されていますが、「実写による性行為、又それを連想させる格好の裸婦の画像、 動画」は禁止されているため実質アダルトサイトは作れないと考えてください。

リソースブースト


外部ニュースサイトからのリンクや、イベント等に伴う急激なアクセス数・転送量が増加した場合に発生するエラー(HTTP 503 エラー)をレンタルサーバーの処理能力を向上させて緩和することができます。
エラー発生の緩和は、管理コントロール画面の開始ボタンを押してから2日後の24時までの期間限定措置になります。
1度使用すると、次に使用できるようになるのは14日後になります。

電話サポート


土日祝日を含め、9時45分〜18時の受付、対応となります。( さくらインターネット指定の休日はお休み)

メールサポート


土日祝日を含め、10時〜18時の受付、対応となります。( さくらインターネット指定の休日はお休み)

メールサポート

×
過去にテスト運用したことがありますが、現在は提供されていません。

サーバー稼働率

99.99%以上

サーバー監視体制

24時間365日有人監視

回線バックボーン

データセンター専業事業者としては最大規模となる912Gbpsのバックボーンを有しています。

データセンターの立地

国内の自社データセンター

プラン変更

×
プランを変更する場合は、新たに新プランを契約して必要なデータを手動で移動する必要があります。

無料お試し期間

2週間無料

さくらのレンタルサーバー スタンダードプランをオススメできない人

月額の料金は最安値のレンタルサーバーではありませんので、価格重視の人は別の選択肢も検討してください。

WordPressを使えてかつ、ある程度実績のあるレンタルサーバーでも、月額100円台で使えるレンタルサーバープランがあります。

月額料金を基準に考えたい人は、個人向けレンタルサーバー料金比較 完全版が参考になります。

さくらのレンタルサーバー スタンダードプランをオススメしたい人

レンタルサーバーに詳しくない初心者から2台目、3台目の中級者まで、借りて損はないレンタルサーバーが、さくらのレンタルサーバーのスタンダードプランです。

運営会社のさくらインターネット株式会社が東証一部の大企業だけに、新しい技術を最速で導入するようなスピード感はありませんが、安定した運用やセキュリティという面での信頼度は非常に高いです。

また、「新生さくらのレンタルサーバー」掲げ、HTTP/2の導入やPHPのモジュールモードをスタンダードプランに開放することでWebサイトの高速化に積極的に取り組んでおり、また、10数年変わらなかった管理画面を2018年5月にリリースするなど、大きなパワーアップに期待ができます。

運営会社の安心感、レンタルサーバーとしての機能、料金など、総合的点の非常に高いレンタルサーバーです。
Webサイトで重要なのはコンテンツなので、レンタルサーバー選びで迷っている場合ではありません、間違いなくオススメできるレンタルサーバーです。

さくらのレンタルサーバー公式サイト“"