WordPress(ワードプレス)を引越しても使いたいレンタルサーバー【2021年版】

レンタルサーバー

WordPress(ワードプレス)を引越しても使いたいレンタルサーバー【2021年版】
WordPress(ワードプレス)を引越しても使いたいレンタルサーバー【2021年版】

今のレンタルサーバーに本当に満足していますか?

レンタルサーバーの機能・性能は常に進化しており、数年前に借りたレンタルサーバーは、最新レンタルサーバーと比較してコストパフォーマンスが低い可能性があります。

静的なファイルで構成されているホームページであれば単純にファイルをコピーするだけで閲覧できるようになりますが、WordPress(ワードプレス)の場合、ファイルを単純にコピーしただけでは表示されないため、レンタルサーバーに不満を感じていても簡単に引越しというわけにはいきません。

このような課題を解消するために一部のレンタルサーバーでWordPress(ワードプレス)の引越し代行・移行ツールが提供されていることをご存知でしょうか?

面倒な作業が原因でWordPress(ワードプレス)の引越しを先送りしている人は、WordPress(ワードプレス)の引越し代行、移行ツールの導入状況も含めレンタルサーバーを比較してください。


WordPress(ワードプレス)を引越す理由

WordPress(ワードプレス)に限らずホームページ・Webサイトを引越す理由の多くは現在利用しているレンタルサーバーへの不満だと思います。

レンタルサーバーへの不満は、ホームページ・Webサイトの表示速度の遅さやディスクの容量不足、最近であれば無料SSLが提供されていないといったことも重要な問題になるかと思います、

現在利用しているレンタルサーバーの不満を解消できるレンタルサーバーが見つかったら引越し作業をおこなうことになるのですが、HTMLファイルだけで作ったサイトはファイルのコピーだけで済むのに対して、WordPress(ワードプレス)で管理しているサイトを引越す場合には、ファイルのコピー以外にもデータベースの設定やコピーといった作業が発生します。

引越し先のレンタルサーバーの性能やサービスはもちろん大切ですが、初心者にとっては引越しがスムーズに進むようにサポートや代行サービスがあるというのも引越し先のレンタルサーバーを選ぶ重要な判断材料になります。

WordPress(ワードプレス)の引越し手順を確認

WordPress(ワードプレス)を使って公開しているホームページ・Webサイトは、HTMLだけで作られたホームページ・Webサイトと異なりデータベースの移行が大きく難易度を上げています。

現在利用しているレンタルサーバーからデータベースを全てエクスポート(吐き出し)して、新しいレンタルサーバーにインポート(取り込み)するだけなのですが、そもそもエクスポートってどうやるの?から始まって、フォーマットは?圧縮した方がいいの?文字コードはなに?などなどエクスポートの画面にたどり着いても不明点は絶えないと思います。

慣れてしまえば難しくない作業ですが、WordPress(ワードプレス)の引越しは頻繁におこなう作業ではありませんので、時間を掛けて調べながら実行するという選択肢以外にレンタルサーバー側に引越し作業の代行をしてもらうという方法が有効です。

WordPress(ワードプレス)の引越し代行してくれるレンタルサーバー

引越を希望するレンタルサーバーがWordPress(ワードプレス)の引越し代行サービスをおこなっているか確認しましょう。

主要なレンタルサーバーを調査した結果、11社がWordPress(ワードプレス)の引越し代行に対応していました。

各レンタルサーバーのWordPress(ワードプレス)の引越し代行状況と費用は下記の表で確認してください。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

WordPress(ワードプレス)の引越し代行してくれるレンタルサーバー ※2020年8月現在
レンタルサーバー名WordPress
引越し代行対応
費用レンタルサーバー解説記事
JETBOY
(ジェットボーイ)
無料ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】
mixhost
(ミックスホスト)
“”
9,980円ミックスホスト(mixhost)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】
ColorfulBox
(カラフルボックス)
12,980円カラフルボックス(ColorfulBox)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】
ConoHa WING
(コノハ ウイング)
6,980円国内最速!コノハ ウィング(ConoHa WING)レンタルサーバー完全ガイド【2021年版】
さくらのレンタルサーバー“"×さくらのレンタルサーバ 完全ガイド【2021年版】
LOLIPOP!
(ロリポップ!)
×ロリポップ!
(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】
XSERVER
(エックスサーバー)
30,000円エックスサーバー(XSERVER)レンタルサーバーの完全ガイド【2021年版】
wpX Speed
(ダブリュピーエックス スピード)
“”
×wpX Speed (ダブリュピーエックス スピード)レンタルサーバー完全ガイド【2021年版】
XSERVER BUSINESS(エックスサーバービジネス)無料エックスサーバー ビジネス(XSERVER BUSINESS)レンタルサーバーの完全ガイド【2021年版】
WebARENA SuiteX
(ウェブアリーナ スィートエックス)
×ウェブアリーナ スイートエックス(WebARENA SuiteX)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】
WebARENA SuiteS
(ウェブアリーナ エス)
×ウェブアリーナ スイートエス(WebARENA SuiteS)レンタルサーバー 完全ガイド【2021年版】
リトルサーバー
(Little Server)
×リトルサーバー(Little Sever) 完全ガイド【2021年版】
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
WordPress専用サーバー
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
共有サーバー
×
WADAX
(ワダックス)
22,000円
CPIレンタルサーバー258,000円
Z.com WP
(ゼットコム ダブリュピー)
“"
×WordPress専用レンタルサーバーZ.com WP (ゼットコム ダブリュピー)完全ガイド【2021年版】
Z.com
(ゼットコム)
“"
×SSD搭載の低価格レンタルサーバーZ.com(ゼットコム)完全ガイド【2021年版】
heteml
(ヘテムル)
×
VALUE-SERVER
(バリューサーバー)
×
FUTOKA(フトカ)×
StarServer
(スターサーバー)
×
iCLUSTA+
(アイクラスタプラス)
30,000円
CORESERVER
(コアサーバー)
×
お名前.comレンタルサーバー6,980円ドメイン永久無料!お名前.comレンタルサーバー完全ガイド【2021年版】
ラクサバ×月額90円のレンタルサーバー!ラクサバ完全ガイド【2021年版】

WordPress(ワードプレス)を引越ししてでも使いたいレンタルサーバー

レンガルサーバーを変更し、WordPress(ワードプレス)の引越しをおこなうこと自体が目的ではありません。

WordPress(ワードプレス)の引越しをするからには、WordPress(ワードプレス)の引越しをするだけの価値のあるレンタルサーバーを見つけなくてはいけません。

WordPress(ワードプレス)の引越しをしてでも使いたいレンタルサーバーをご紹介します。

毎月のコストを見直すなら移行代行無料のJETBOY(ジェットボーイ)

JETBOY(ジェットボーイ)は、月額290円でSSDと高速WebサーバーLiteSpeedを採用し、低価格でWordPress(ワードプレス)の高速表示が可能です。

また、無料SSL、自動バックアップもプランに含まれており、データ移行なしにプラン変更できるため将来の拡張性にも不安がありません。

引越しはWordPress(ワードプレス)を移すことが目的ではなく、現在利用しているレンタルサーバーの不満解消が目的となるため、費用対効果の高いレンタルサーバーを探している場合は、JETBOY(ジェットボーイ)が有効な選択肢になる可能性は高いです。

月額290円より高い金額を払い続け、かつスペックに不満を持っている方は、JETBOY(ジェットボーイ)への引越しを検討してください。

しかも、JETBOY(ジェットボーイ)は、個人向けのレンタルサーバーで唯一のWordPress(ワードプレス)の引越しが代行が無料のレンタルサーバーになります。

WordPress(ワードプレス)の引越し代行にはほとんどのレンタルサーバーで費用が発生するのですが、月額費用が安く、引越しもタダとなれば引っ越しするしかありません。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

JETBOY(ジェットボーイ)のレンタルサーバープラン ※2021年3月時点
JETBOY
(ジェットボーイ)
ミニSSDファースト
SSD
初期費用500円750円
月額費用
(12ヶ月契約時)
290円580円
無料お試し期間14日14日
ディスク容量5GB20GB
ディスクタイプSSDSSD
マルチドメイン
(独自ドメイン)
10個無制限
データベース
(MySQL)
3個20個
無料SSL
WordPress
簡単インストール
自動バックアップ
メールアカウント無制限無制限
転送量目安無制限無制限
PV目安5万PV/月50万PV/月
メールサポート
電話サポート××

もっと詳細なJETBOY(ジェットボーイ)の情報を確認したい場合は下記の記事をご覧ください。

JETBOY(ジェットボーイ)の公式サイトを見る

高スペックレンタルサーバーがドメインとセット使えるConoHa WING(コノハ ウイング)

ConoHa WING(コノハ ウイング) のレンタルサーバーは、自社独自調査なが2位のレンタルサーバーに約2倍の差をつけ国内最速を謳うレンタルサーバーです。

オススメはレンタルサーバーとドメインがセットになったWINGパックです。

WINGパックの利用を継続している限り取得したドメインの維持費は無料となり、レンタルサーバーの利用料も最大33%オフとなりますので、ドメイン更新費用を別途支払っていた方は、移行を検討してください。

ConoHa WING(コノハ ウイング)に引越しする場合は、代行費用として6,980円が発生しますが、自身でWordPressを移行ツールを使い引越しをおこなえば費用は発生しません。

高スペックのレンタルサーバーを独自ドメイン費用込みで使いたい場合、最善のレンタルサーバーだと考えます。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ConoHa WING(コノハ ウイング)のレンタルサーバープラン ※2021年3月時点
ConoHa WING
(コノハ ウイング)
WINGパック
ベーシック
初期費用無料
月額費用
(12ヶ月契約時)
931円(税込)
無料お試し期間なし
(申込み月無料)
ディスク容量300GB
ディスクタイプSSD
マルチドメイン
(独自ドメイン)
無制限
データベース
(MySQL)
無制限
無料SSL
WordPress
簡単インストール
自動バックアップ
メールアカウント無制限
転送量目安27TB/月
PV目安非公開
メールサポート
電話サポート

もっと詳細なConoHa WING(コノハ ウイング)の情報を確認したい場合は下記の記事をご覧ください。

ConoHa WING(コノハ ウイング)の公式サイトを見る

ブログからアダルトサイトまで使えるColorfulBox(カラフルボックス)

ColorfulBox(カラフルボックス)は、豊富な選択肢が高い技術力を特徴に持つレンタルサーバーです。

通常プラン8種類に加え、7種類のアダルトサイト向けのプランが用意されており、アダルトサイト向けのプランでは、高負荷を想定しアダルト専用サーバー、アダルト専用IPが使える特別な環境が提供されます。(アダルトサイトに使えるのはBOX2プラン以上)

全プランSSD、高速Webサーバー LiteSpeedを採用し、契約したレンタルサーバーとは異なる場所(東京なら大阪、大阪なら東京)への自動バックアップは、ColorfulBox(カラフルボックス)だけが提供している機能です。

高額なアダルトサイト対応のレンタルサーバーを契約している方、WordPressを高速表示できるレンタルサーバーはを探している方にとって、引越し代行12,980円は値段以上の価値を提供してくれます。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ColorfulBox(カラフルボックス)のレンタルサーバープラン ※2021年3月時点 
ColorfulBox
(カラフルボックス)
BOX1BOX2
初期費用無料無料
月額費用
(12ヶ月契約時)
580円1,060円
無料お試し期間30日30日
ディスク容量150GB300GB
ディスクタイプSSDSSD
マルチドメイン
(独自ドメイン)
無制限無制限
データベース
(MySQL)
無制限無制限
無料SSL
WordPress
簡単インストール
自動バックアップ
転送量目安6TB/月18TB/月
メールサポート
電話サポート

もっと詳細なカラフルボックス(ColorfulBox)の情報を確認したい場合は下記の記事をご覧ください。

ColorfulBox(カラフルボックス)の公式サイトをみる

「WordPress(ワードプレス)を引越しても使いたいレンタルサーバー」まとめ

最後まで「WordPress(ワードプレス)を引越しても使いたいレンタルサーバー」をご覧いただきありがとうございます。

WordPress(ワードプレス)を引越し費用は、JETBOY(ジェットボーイ)の無料からCPIレンタルサーバーの258,000円と大きな差があります。

WordPress(ワードプレス)の引越しが無料だからよい、高額だからダメということではなく、まずは、利用しているレンタルサーバーに感じてる問題点を解消できるレンタルサーバーを見つけてください。

月額290円で使えるJETBOY(ジェットボーイ)、独自ドメインとレンタルサーバーのセットがおトクなConoHa WING(コノハ ウイング)、ブログからアダルトサイトまで選択肢が広いColorfulBox(カラフルボックス)はオススメのレンタルサーバーです。

引越し代行費用よりもレンタルサーバー引越し後のメリットが大きい場合は、躊躇することなくレンタルサーバーを引越しおこない新レンタルサーバーの恩恵を1日も早く受けましょう。