無料SSLが使えるレンタルサーバー【2020年版】

無料SSL/SSL, 初心者向けレンタルサーバー, レンタルサーバー

無料SSLが使えるレンタルサーバー【2020年版】
無料SSLが使えるレンタルサーバー【2020年版】

ホームページ・Webサイトの常時SSL化をしたい方に向けて、常時SSL化のメリットと各レンタルサーバーの対応状況、おすすめのレンタルサーバーをまとめました。

今や導入必須のSSL

ホームページ・Webサイトを開設・運営していくうえで導入が必須な常時SSL化には、SEOとユーザーの二つの視点でメリットがあります。

SEO視点からのSSL導入の必要性

2014年8月にGoogleはSSL(HTTPS)の導入有無を検索順位を決める要素の一つにすることを発表しました。

Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS をランキング シグナルに使用します

ユーザーがもっと安全にサイトを閲覧できるよう、すべてのサイト所有者の皆様に HTTP から HTTPS への切り替えをおすすめしたいと考えています。

Google ウェブマスター向け公式ブログ

SSL(HTTPS)の導入の有無で検索順位が大きく変動するわけではなく、情報の質が検索順位を大きく左右することに変わりありませんが、SSL(HTTPS)の導入が検索順位に多少なりとも貢献するのであればやらない理由はありません。

ユーザー視点からのSSL導入の必要性

利用者にとってホームページ・WebサイトがSSL対応している、SSL対応していないというのは、これまでは大きな問題ではありませんでした。

正確にいうとセキュリティの観点から大きな問題であったのですが、その問題に気がついていなかったという表現が正しいでしょう。

しかし各ブラウザがSSL化していないサイトを表示した際、セキュリティのリスクを表示するようになり状況は一変しました。

上述の対応によりSSL化していないサイトはユーザーから敬遠されるようになり、ホームページ・Webサイトの運営者は導入が必須になりました。

レンタルサーバー各社の無料SSL対応状況

ホームページ・Webサイトを常時SSL化する場合、無料で利用可能なSSLが導入されているレンタルサーバーを選びましょう。

SSLは用途に応じて有償版を使った方がよいケースもあるのですが、少なくとも個人の情報発信に限れば無償のSSLで十分です。

すでに多くのレンタルサーバーで無料SSLに対応しており、調査した28のレンタルサーバーのうち22つのレンタルサーバーで無料SSLが提供されていました。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

レンタルサーバー各社の無料独自SSL対応有無 ※2020年5月現在
レンタルサーバー名 無料SSL導入 レンタルサーバー解説記事
JETBOY
(ジェットボーイ)
ジェットボーイ(JETBOY)SSDレンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
mixhost
(ミックスホスト)
“”
ミックスホスト(mixhost)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
ColorfulBox
(カラフルボックス)
カラフルボックス(ColorfulBox)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
ConoHa WING
(コノハ ウイング)
国内最速!コノハ ウィング(ConoHa WING)レンタルサーバー完全ガイド【2020年版】
さくらのレンタルサーバー“" さくらのレンタルサーバ 完全ガイド【2020年版】
LOLIPOP!
(ロリポップ!)
ロリポップ!
(LOLIPOP!)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
XSERVER
(エックスサーバー)
エックスサーバー(XSERVER)レンタルサーバーの完全ガイド【2020年版】
wpX Speed
(ダブリュピーエックス スピード)
“”
XSERVER BUSINESS(エックスサーバービジネス)
WebARENA SuiteX
(ウェブアリーナ スィートエックス)
× ウェブアリーナ スイートエックス(WebARENA SuiteX)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
WebARENA SuiteS
(ウェブアリーナ エス)
ウェブアリーナ スイートエス(WebARENA SuiteS)レンタルサーバー 完全ガイド【2020年版】
リトルサーバー
(Little Server)
リトルサーバー(Little Sever) 完全ガイド【2020年版】
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
WordPress専用サーバー
KAGOYA JAPAN(カゴヤ・ジャパン)
共有サーバー
WADAX
(ワダックス)
×
CPIレンタルサーバー ×
COREPRESS Cloud
(コアプレスクラウド)
×
Z.com WP
(ゼットコム ダブリュピー)
“"
×
Z.com
(ゼットコム)
“"
×
heteml
(ヘテムル)
Sixcire
(シックスコア)
VALUE-SERVER
(バリューサーバー)
FUTOKA(フトカ)
StarServer
(スターサーバー)
iCLUSTA+
(アイクラスタプラス)
CORESERVER
(コアサーバー)
お名前.comレンタルサーバー
ラクサバ

無料SSLが使えるおすすめレンタルサーバー3選

無料SSLが使えるレンタルサーバーの中で、特にオススメしたい3つのレンタルサーバーをご紹介します。

月額290円で使えるJETBOY(ジェットボーイ)

JETBOY(ジェットボーイ)の最大の特徴はコストパフォーマンスの高さです。

月額290円で、SSD、高速WebサーバーLiteSpeed採用したレンタルサーバーが使え、将来拡張が必要になった際には、データ移行なしでプラン変更が可能です。

初期コストを抑え、かつ将来の拡張性にも不安がない、ブログ初心者に最適なレンタルサーバー といえます。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

JETBOY(ジェットボーイ)のレンタルサーバープラン ※2020年5月時点
JETBOY
(ジェットボーイ)
ミニSSD ファースト
SSD
スタンダード
SSD
初期費用 500円 750円 1,750円
月額費用
(12ヶ月契約時)
290円 580円 980円
無料お試し期間 14日 14日 14日
ディスク容量 5GB 20GB 40GB
ディスクタイプ SSD SSD SSD
マルチドメイン
(独自ドメイン)
10個 無制限 無制限
データベース
(MySQL)
3個 20個 40個
無料SSL
WordPress
簡単インストール
バックアップ
メールアカウント 無制限 無制限 無制限
転送量目安 無制限 無制限 無制限
PV目安 5万PV/月 50万PV/月 100万PV/月
メールサポート
電話サポート × × ×

もっと詳細なJETBOY(ジェットボーイ)の情報を確認したい場合は下記の記事をご覧ください。

JETBOY(ジェットボーイ)の公式サイトを見る

ドメインとセットで簡単に使えるConoHa WING(コノハ ウイング)

ConoHa WING(コノハ ウイング) は、レンタルサーバーとドメインがセットになったお得なプランを提供しているレンタルサーバーです。

レンタルサーバーとドメインを個々に契約した場合、使えるようにするための設定が必要ですがConoHa WING(コノハ ウイング)のWINGパックはレンタルサーバーとドメインがセットになっているため設定不要でスタートすることができます。

さらに、WINGパック継続している限り取得したドメインの維持費は無料となり、レンタルサーバーの利用料も最大33%オフとなります。

コスト面ばかりを強調してきましたが、ConoHa WING(コノハ ウイング)は国内最速を謳う表示速度にこだわりを持ったレンタルサーバーです。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

ConoHa WING(コノハ ウイング)のレンタルサーバープラン ※2020年5月時点
ConoHa WING
(コノハ ウイング)
WINGパック
ベーシック
WINGパック
スタンダード
初期費用 無料 無料
月額費用
(12ヶ月契約時)
900円 1,950円
無料お試し期間 なし
(申込み月無料)
なし
(申込み月無料)
ディスク容量 250GB 300GB
ディスクタイプ SSD SSD
マルチドメイン
(独自ドメイン)
無制限 無制限
データベース
(MySQL)
60個 80個
無料SSL
WordPress
簡単インストール
バックアップ
メールアカウント 無制限 無制限
転送量目安 4.5TB/月 5.5TB/月
PV目安 非公開 非公開
メールサポート
電話サポート

もっと詳細なConoHa WING(コノハ ウイング)の情報を確認したい場合は下記の記事をご覧ください。

ConoHa WING(コノハ ウイング)の公式サイトを見る

信頼性抜群のLOLIPOP!(ロリポップ!)

LOLIPOP!(ロリポップ!)は、インターネット黎明期の2001年からサービスを提供し、運用サイト200万件以上、累積利用者数170万人以上、企業規模、運用実績といった信頼性で大きなアドバンテージを持っています。

新しく魅力的なレンタルサーバーだけど企業規模、信頼性の面で不安を感じる方に最適なレンタルサーバーです。

老舗レンタルサーバーですが、常に新しいサービスや機能強化を積極的に進めており進化するレンタルサーバーです。

ハイスピードプランは、ディスクにSSD、高速WebサーバーLiteSpeedを導入した表示速度にこだわったおすすめプランです。

※表は、横にスクロールしますので、表を横方向にスワイプしてご覧ください。

LOLIPOP!(ロリポップ!)のレンタルサーバープラン ※2020年5月時点
LOLIPOP!
(ロリポップ!)
ライト スタンダード ハイスピード
初期費用 1,500円 1,500円 3,000円
月額費用
(12ヶ月契約時)
250円 500円 1,000円
無料お試し期間 10日 10日 10日
ディスク容量 50GB 120GB 200GB
ディスクタイプ HDD HDD SSD
マルチドメイン
(独自ドメイン)
50個 100個 無制限
データベース
(MySQL)
1個 30個 70個
無料SSL
WordPress
簡単インストール
バックアップ 有料
(別途費用)
有料
(別途費用)
無料
(復元は有料)
メールアカウント 無制限 無制限 無制限
転送量目安 100GB/日 150GB/日 200GB/日
PV目安
メールサポート
チャットサポート
電話サポート ×

もっと詳細なLOLIPOP!(ロリポップ!)の情報を確認したい場合は下記の記事をご覧ください。

LOLIPOP!(ロリポップ!)の公式サイトを見る

「無料SSLが使えるレンタルサーバー」まとめ

最後まで「無料SSLが使えるレンタルサーバー」をご覧いただきありがとうございます。

常時SSL化は、ホームページ・Webサイトを運営の必須の条件となっており、今や常時SSLを無料提供しているレンタルサーバーは当たり前になっており、無料SSLが提供されていないレンタルサーバーを明確なメリットがなく契約する理由はありません。

既にホームページ・Webサイトを所有している方で無料SSLに対応していないレンタルサーバーを利用している方は、乗り換えることをオススメします。

月額290円から使えるJETBOY(ジェットボーイ)、ドメインとセットでお得なConoHa WING(コノハ ウイング) 、企業規模が大きく運用実績が豊富なLOLIPOP!(ロリポップ!)、目的に合わせてレンタルサーバー選びの参考にしてください。